コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加治木[町](読み)かじき

百科事典マイペディアの解説

加治木[町]【かじき】

鹿児島県姶良(あいら)郡,鹿児島湾北岸の旧町。一時島津氏の居城地。日豊本線,九州自動車道が通じ鹿児島市の衛星都市化が顕著。米,サツマイモ,花卉(かき),野菜などを産し,林業,漁業も営む。焼酎(しょうちゅう),薩摩焼の一種竜門司(りゅうもんじ)焼を特産。2010年3月姶良郡蒲生町,姶良町と合併して市制施行,姶良市となる。47.51km2。2万2908人(2005)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじき【加治木[町]】

鹿児島県姶良(あいら)郡の町。人口2万3577(1995)。鹿児島湾北岸に位置し,湾岸では数少ない平野があり,古くから地方の中心で加治木氏の本拠であった。特に島津義弘,家久の時代(1600ころ)はここに居城が置かれ,薩摩,大隅,日向3国の中心として栄えた。また鹿児島湾と北薩を結ぶ中継地としても重要であった。鉄道の開通(1901),陸上交通の発達で港町としての機能は衰えたが,日豊本線と国道10号線が通り,九州縦貫自動車道のインターチェンジもできて鹿児島空港との連絡もよく,依然地方の中心としての地位を保っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android