コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加治木[町] かじき

2件 の用語解説(加治木[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加治木[町]【かじき】

鹿児島県姶良(あいら)郡,鹿児島湾北岸の旧町。一時島津氏の居城地。日豊本線九州自動車道が通じ鹿児島市の衛星都市化が顕著。米,サツマイモ,花卉(かき),野菜などを産し,林業,漁業も営む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじき【加治木[町]】

鹿児島県姶良(あいら)郡の町。人口2万3577(1995)。鹿児島湾北岸に位置し,湾岸では数少ない平野があり,古くから地方の中心で加治木氏の本拠であった。特に島津義弘,家久の時代(1600ころ)はここに居城が置かれ,薩摩,大隅,日向3国の中心として栄えた。また鹿児島湾と北薩を結ぶ中継地としても重要であった。鉄道の開通(1901),陸上交通の発達で港町としての機能は衰えたが,日豊本線と国道10号線が通り,九州縦貫自動車道インターチェンジもできて鹿児島空港との連絡もよく,依然地方の中心としての地位を保っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone