コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中新田 なかにいだ

6件 の用語解説(中新田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中新田
なかにいだ

宮城県中西部,加美町東部の旧町域。大崎平野にあり,鳴瀬川の上・中流域に位置する。 1889年町制。 1954年鳴瀬村,広原村と合体。 2003年小野田町,宮崎町と合体し加美町となった。東部の鳴瀬は水田単作地帯,北西部は高原地帯で,果樹栽培や酪農が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中新田
なかにいだ

宮城県北西部、加美(かみ)郡にあった旧町名(中新田町(まち))。現在は加美郡加美町の北東部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)広原(ひろはら)、鳴瀬(なるせ)の2村と合併。2003年(平成15)小野田町、宮崎町と合併し、加美町となる。旧中新田町地区は、北西部の丘陵から南東の平地まで細長い区域をなす。鳴瀬川の北東岸は、加美町役場などがある中心地区で、南北に走る羽後街道(国道457号)と東西に走る中羽前街道(国道347号)が交差する。江戸期には代官会所、大肝煎(おおきもいり)会所などが置かれ、明治以降も郡政の中心であった。その後鉄道の敷設から外れてさびれたが、現在は周辺農村の商業や、バス交通の中心となっている。伝統的な酒造業のほか、電子機器部品工場の進出も著しい。国指定史跡に奈良期の城生柵(じょうのさく)跡、県の史跡に菜切谷(なきりや)廃寺跡がある。稲荷(いなり)神社の初午(はつうま)祭「火伏せの虎(とら)舞」は県無形民俗文化財である。1980年に開設の中新田文化会館は、音響効果に優れ、バッハホールともよばれる。[境田清隆]
『『中新田町史』(1964・中新田町) ▽『新編中新田町史』全2巻(1997、1999・中新田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中新田の関連キーワード宮城県加美郡加美町鹿原宮城県加美郡宮城県加美郡加美町北町宮城県加美郡加美町城生宮城県加美郡加美町鳥嶋宮城県加美郡加美町西田宮城県加美郡加美町原町東宮城県加美郡加美町町裏宮城県加美郡加美町町東宮城県加美郡加美町宮崎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中新田の関連情報