コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中新田 なかにいだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中新田
なかにいだ

宮城県中西部,加美町東部の旧町域。大崎平野にあり,鳴瀬川の上・中流域に位置する。 1889年町制。 1954年鳴瀬村,広原村と合体。 2003年小野田町,宮崎町と合体し加美町となった。東部の鳴瀬は水田単作地帯,北西部は高原地帯で,果樹栽培や酪農が盛ん。中心集落の中新田は,古くは奥州探題大崎家兼の居城地。羽後街道と中羽前街道との交差点にあり,周辺農村の商業の中心地。プラスチック工業,精密機械工業,電気機器工業などが立地。古代陸奥の城柵の一つ玉造柵と思われる城生柵跡 (じょうのさくあと,国指定史跡) ,菜切谷廃寺跡 (なきりやはいじあと) などの旧跡があり,音響のよさで知られる中新田バッハホールがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中新田
なかにいだ

宮城県北西部、加美(かみ)郡にあった旧町名(中新田町(まち))。現在は加美郡加美町の北東部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)広原(ひろはら)、鳴瀬(なるせ)の2村と合併。2003年(平成15)小野田町、宮崎町と合併し、加美町となる。旧中新田町地区は、北西部の丘陵から南東の平地まで細長い区域をなす。鳴瀬川の北東岸は、加美町役場などがある中心地区で、南北に走る羽後街道(国道457号)と東西に走る中羽前街道(国道347号)が交差する。江戸期には代官会所、大肝煎(おおきもいり)会所などが置かれ、明治以降も郡政の中心であった。その後鉄道の敷設から外れてさびれたが、現在は周辺農村の商業や、バス交通の中心となっている。伝統的な酒造業のほか、電子機器部品工場の進出も著しい。国指定史跡に奈良期の城生柵(じょうのさく)跡、県の史跡に菜切谷(なきりや)廃寺跡がある。稲荷(いなり)神社の初午(はつうま)祭「火伏せの虎(とら)舞」は県無形民俗文化財である。1980年に開設の中新田文化会館は、音響効果に優れ、バッハホールともよばれる。[境田清隆]
『『中新田町史』(1964・中新田町) ▽『新編中新田町史』全2巻(1997、1999・中新田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中新田の関連キーワード宮城県加美郡加美町北町ハイタッチ型地域開発加美町中新田文化会館出羽仙台街道中山越宮城県加美郡加美町小野田(宮城県)池上太郎左衛門宮崎(宮城県)伊藤 宗一郎中新田[町]中新田打刃物本間 俊一本間俊太郎加美(町)大島 正義加美[町]石川 力山大崎義直鶴ヶ島市小田原市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中新田の関連情報