コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働世界 ろうどうせかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働世界
ろうどうせかい

日本最初の労働組合機関紙。 1897年7月に労働組合期成会が結成され,その指導で 12月に鉄工組合が発足したとき,この両者の共同機関紙として同年 12月1日創刊された。主筆片山潜で月2回刊であったが,1900年治安警察法の制定で弾圧が強まり,同年9月からは片山個人の責任経営となった。 01年 12月 21日の第 100号で一応廃刊。 02年1月1日からは日刊『内外新報』と改題したが続かず,4月3日に雑誌『労働世界』として復刊した。 03年3月3日からは『社会主義』と改題し,社会主義協会機関誌となり 04年まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうどうせかい〔ラウドウセカイ〕【労働世界】

日本最初の労働組合機関紙。明治30年(1897)労働組合期成会鉄工組合の共同機関紙として創刊。のち、諸々の変遷を経て「社会主義」と改題。明治37年(1904)廃刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうせかい【労働世界】

戦前日本における労働組合運動の機関紙。1897年12月,日本初の労働組合である鉄工組合が結成されたとき,その母体の労働組合期成会の機関紙として発刊された(月2回刊)。主筆の片山潜のほか安部磯雄,高野房太郎横山源之助,村井知至らが執筆し,組合運動発展の武器となった。初期の論調は労資協調に基づく改良主義的なものだったが,99年には〈社会主義欄〉が新設されるなど,しだいに社会主義や労働者政党の問題にも関心をよせるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

労働世界
ろうどうせかい

日本で初めての本格的機関紙。1897年(明治30)、労働組合期成会、鉄工組合が結成されると、その共同機関紙として12月1日発刊された。主筆は片山潜(せん)で、月2回刊のタブロイド紙。労働者の啓発と組織化に大きな役割を果たした。1900年(明治33)6月、月刊となり、9月から片山の個人経営となるが、翌年12月21日第100号で廃刊した。02年1月、日刊『内外新報』と改題発刊したが、4月3日ふたたび『労働世界』に復題(月3回刊の雑誌)し、翌年2月23日まで続くが、3月3日また『社会主義』と改題、社会主義協会の機関誌となる。[春原昭彦]
『労働運動史料刊行委員会編『日本労働運動史料別巻 労働世界』(1960・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

労働世界の関連キーワード西川光二郎(にしかわみつじろう)ジョージ・ダグラス コール高松 豊治郎西川 光二郎西川光二郎社会民主党小塚 空谷植松 考昭岸上 克己相木鶴吉小塚空谷河上 清河上清コール

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働世界の関連情報