コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北脇昇 キタワキノボル

5件 の用語解説(北脇昇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたわき‐のぼる【北脇昇】

[1901~1951]洋画家。愛知の生まれ。鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)津田青楓(つだせいふう)に師事。シュールレアリスムの影響を受け、京都にあって、関西前衛美術の発展に貢献した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北脇昇【きたわきのぼる】

画家。名古屋市生れ。1917年同志社大学中退。鹿子木孟郎津田青楓に学ぶ。1932年二科展入選。1938年シュルレアリスム系の創紀美術協会結成に参加。1947年には日本アバンギャルド美術家クラブに参加,関西の前衛美術運動を支えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北脇昇 きたわき-のぼる

1901-1951 昭和時代の洋画家。
明治34年6月4日生まれ。鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう),津田青楓(せいふう)の塾でまなぶ。シュールレアリスムの影響をうけた作品を発表。戦後,日本アヴァンギャルド美術家クラブ,京都新美術人協会などを結成した。昭和26年12月28日死去。50歳。愛知県出身。同志社中学中退。代表作に「空港」「クオ・ヴァディス」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きたわきのぼる【北脇昇】

1901~1951) 洋画家。名古屋生まれ。鹿子木孟郎・津田青楓に学ぶ。シュールレアリスムの影響を受け、哲学的・図解的な画面を構成。関西前衛画壇の発展に貢献。代表作「クォ-バディス」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北脇昇
きたわきのぼる
(1901―1951)

洋画家。名古屋市生まれ。京都の同志社中学を中退して鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)の画塾に学び(1919~21)、のち津田青楓(せいふう)の画塾に入る。1932年(昭和7)二科展に初入選、京都洋画協会の創立に参加。やがて独立美術協会展に出品を始め、京都青年美術クラブを結成した37年ごろにはシュルレアリスムの明らかな影響を示した。同年の『空港』、翌年の『眠られぬ夜の為(ため)に』などの幻想風から、独自の哲学的な様式へと進む。39年美術文化協会の創立に参加。第二次世界大戦後は日本アヴァンギャルド美術家クラブ、京都新美術人協会などを結成し、関西前衛画壇に大きく貢献した。また日本美術会京都支部長を務め、『クオ・ヴァディス』などに切実な現実性を求めて新画風を試みた。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北脇昇の関連キーワード黒田重太郎太田喜二郎油谷達有馬三斗枝伊庭伝次郎今井憲一緒方亮平川辺外治佐川敏子不破章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北脇昇の関連情報