コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北脇昇 キタワキノボル

百科事典マイペディアの解説

北脇昇【きたわきのぼる】

画家。名古屋市生れ。1917年同志社大学中退。鹿子木孟郎,津田青楓に学ぶ。1932年二科展入選。1938年シュルレアリスム系の創紀美術協会結成に参加。1947年には日本アバンギャルド美術家クラブに参加,関西の前衛美術運動を支えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北脇昇 きたわき-のぼる

1901-1951 昭和時代の洋画家。
明治34年6月4日生まれ。鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう),津田青楓(せいふう)の塾でまなぶ。シュールレアリスムの影響をうけた作品を発表。戦後,日本アヴァンギャルド美術家クラブ,京都新美術人協会などを結成した。昭和26年12月28日死去。50歳。愛知県出身。同志社中学中退。代表作に「空港」「クオ・ヴァディス」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたわきのぼる【北脇昇】

1901~1951) 洋画家。名古屋生まれ。鹿子木孟郎・津田青楓に学ぶ。シュールレアリスムの影響を受け、哲学的・図解的な画面を構成。関西前衛画壇の発展に貢献。代表作「クォ-バディス」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北脇昇
きたわきのぼる
(1901―1951)

洋画家。名古屋市生まれ。京都の同志社中学を中退して鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)の画塾に学び(1919~21)、のち津田青楓(せいふう)の画塾に入る。1932年(昭和7)二科展に初入選、京都洋画協会の創立に参加。やがて独立美術協会展に出品を始め、京都青年美術クラブを結成した37年ごろにはシュルレアリスムの明らかな影響を示した。同年の『空港』、翌年の『眠られぬ夜の為(ため)に』などの幻想風から、独自の哲学的な様式へと進む。39年美術文化協会の創立に参加。第二次世界大戦後は日本アヴァンギャルド美術家クラブ、京都新美術人協会などを結成し、関西前衛画壇に大きく貢献した。また日本美術会京都支部長を務め、『クオ・ヴァディス』などに切実な現実性を求めて新画風を試みた。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北脇昇の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android