北茨城(市)(読み)きたいばらき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北茨城(市)
きたいばらき

茨城県北東部の福島県境にある市。1956年(昭和31)磯原(いそはら)、大津、平潟(ひらかた)の3町と南中郷(みなみなかごう)、関南(せきなみ)、関本(せきもと)の3村が合併して市制施行し、茨城市と称したが、ただちに北茨城市と改称。市域の70%は阿武隈(あぶくま)高地に属し、東部は丘陵や台地および大北(おおきた)川などの小河川流域平野で、海岸は断崖(だんがい)をなす岩石海岸と砂浜海岸である。海岸部は温暖であるが、山地の冬は寒さが厳しい。JR常磐(じょうばん)線、国道6号が通じ、常磐自動車道の北茨城インターチェンジがある。古くから奥州への通路にあたる要地で、関所が設けられ、中世は佐竹氏、近世は水戸藩と棚倉藩(たなぐらはん)に分かれており、平潟は棚倉藩の外港として繁栄していた。近年まで常磐南部炭田の中心であったが、1971年までにすべて閉山した。かわって産炭地域振興の優遇措置を受けた磯原工業団地のほか、中郷工業団地、上相田(かみそうだ)工業団地がつくられ、電気機械、化学、ゴムなどの工業が発達した。大津、平潟はイワシ漁業と水産加工業では県下有数である。景勝地が多く、なかでも五浦(いづら)は岡倉天心(てんしん)の日本美術院の遺跡(茨城大学五浦美術文化研究所)や横山大観(たいかん)別荘跡がある海岸の観光地で、県立天心記念五浦美術館が1997年(平成9)に開設された。花園(はなぞの)山と花園渓谷はシャクナゲ群落や七ツ滝をもつ景勝地で、花園花貫(はなぬき)県立自然公園に含まれる。大津のお船祭(国選択無形民俗文化財)や、盆船流しなど文化財も多い。磯原には童謡詩人野口雨情(うじょう)の生家がある。面積186.80平方キロメートル、人口4万4412(2015)。[櫻井明俊]
〔東日本大震災〕2011年の東日本大震災では津波に襲われた磯原町、大津町、平潟町地区を中心に死者10人・行方不明1人、住家全壊188棟・半壊1336棟を数える大被害となった(消防庁災害対策本部「平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(第157報)」平成30年3月7日)。
『『図説北茨城市史』(1983・北茨城市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android