十三宗(読み)じゅうさんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十三宗
じゅうさんしゅう

中国および日本仏教の 13の宗派総称したもの。中国では,毘曇宗 (びどんしゅう) ,成実律宗三論宗涅槃宗,地論宗,浄土宗禅宗摂論宗天台宗華厳宗法相宗真言宗の 13。日本では,華厳宗,法相宗,宗 (以上南都系) ,天台宗,真言宗 (以上密教系) ,臨済宗曹洞宗黄檗宗 (以上禅宗系) ,浄土宗,真宗融通念仏宗,時宗 (以上浄土教系) ,日蓮宗の 13。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐しゅう〔ジフサン‐〕【十三宗】

日本仏教の13の宗派の総称。華厳宗法相(ほっそう)宗律宗天台宗真言宗浄土宗臨済宗曹洞宗浄土真宗日蓮宗時宗融通念仏宗黄檗(おうばく)宗
中国仏教の13の宗派。毘曇(びどん)宗・成実(じょうじつ)宗律宗三論宗涅槃(ねはん)宗・地論宗・浄土宗禅宗・摂論(しょうろん)宗・天台宗華厳宗法相(ほっそう)宗真言宗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

十三宗

日本仏教の宗派。▽華厳宗、法相宗、律宗、天台宗、真言宗、臨済宗、曹洞宗、黄檗(おうばく)宗、浄土宗、浄土真宗、融通念仏宗、時宗、日蓮宗

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十三宗
じゅうさんしゅう

仏教の13の宗派をいう。インドに興った仏教が中国に伝えられて、のち、仏教に対する研究が盛んとなり、13の学派に分かれた。この学派仏教はそれぞれ仏教学の順序に従って学び、兼ねて学ぶことも許されていた。その13宗とは、毘曇(びどん)宗、成実(じょうじつ)宗、律(りっ)宗、三論(さんろん)宗、涅槃(ねはん)宗、地論(じろん)宗、浄土(じょうど)宗、禅(ぜん)宗、摂論(しょうろん)宗、天台(てんだい)宗、華厳(けごん)宗、法相(ほっそう)宗、真言(しんごん)宗をさす。

 これと同様に、日本でも大陸の学派仏教の影響を受け、奈良時代の華厳宗、法相宗、律宗の3宗、平安時代からの祖師を中心とした天台宗、真言宗の2宗、また鎌倉時代からの浄土宗、臨済(りんざい)宗、曹洞(そうとう)宗、浄土真宗、日蓮(にちれん)宗の5宗、室町時代以後の時(じ)宗、融通念仏(ゆうずうねんぶつ)宗、黄檗(おうばく)宗の3宗を総称して十三宗という。

[平岡定海]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうさん‐しゅう ジフサン‥【十三宗】

〘名〙 仏語。
① 中国仏教の一三の宗派。涅槃(ねはん)・地論・摂論(しょうろん)・成実(じょうじつ)・毘曇(びどん)・律・三論・浄土・禅・天台・華厳(けごん)・法相(ほっそう)・真言の総称。
② 日本の仏教の一三の宗派。三論宗・法相宗・律宗・華厳宗・倶舎宗・成実宗の南都六宗に、天台宗・真言宗の平安二宗、浄土宗・禅宗・日蓮宗・融通念仏宗・時宗を加えたものの総称。また、後には三論・倶舎・成実の三宗を除き、禅宗が臨済・曹洞・黄檗(おうばく)の三宗となり、浄土宗から出た真宗を加えていう。十三門派。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報