コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三宗 じゅうさんしゅう

5件 の用語解説(十三宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十三宗
じゅうさんしゅう

中国および日本仏教の 13の宗派を総称したもの。中国では,毘曇宗 (びどんしゅう) ,成実宗,律宗,三論宗,涅槃宗,地論宗,浄土宗,禅宗,摂論宗,天台宗華厳宗,法相宗,真言宗の 13。日本では,華厳宗,法相宗,律宗 (以上南都系) ,天台宗,真言宗 (以上密教系) ,臨済宗曹洞宗黄檗宗 (以上禅宗系) ,浄土宗,真宗,融通念仏宗,時宗 (以上浄土教系) ,日蓮宗の 13。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐しゅう〔ジフサン‐〕【十三宗】

日本仏教の13の宗派の総称。華厳宗法相(ほっそう)宗律宗天台宗真言宗浄土宗臨済宗曹洞宗浄土真宗日蓮宗時宗融通念仏宗黄檗(おうばく)宗
中国仏教の13の宗派。毘曇(びどん)宗・成実(じょうじつ)宗律宗三論宗涅槃(ねはん)宗・地論宗・浄土宗禅宗・摂論(しょうろん)宗・天台宗華厳宗法相(ほっそう)宗真言宗

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

十三宗

日本仏教の宗派。▽華厳宗、法相宗、律宗、天台宗、真言宗、臨済宗、曹洞宗、黄檗(おうばく)宗、浄土宗、浄土真宗融通念仏宗、時宗、日蓮宗

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうさんしゅう【十三宗】

中国仏教の一三宗派。涅槃ねはん・地論・摂論・成実じようじつ・毘曇びどん・律・三論・浄土・禅・天台・華厳・法相ほつそう・真言。
日本仏教の一三宗派。華厳・法相・律・天台・真言・臨済・曹洞そうとう・黄檗おうばく・浄土・真・融通念仏・時・日蓮。一三門派。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十三宗
じゅうさんしゅう

仏教の13の宗派をいう。インドに興った仏教が中国に伝えられて、のち、仏教に対する研究が盛んとなり、13の学派に分かれた。この学派仏教はそれぞれ仏教学の順序に従って学び、兼ねて学ぶことも許されていた。その13宗とは、毘曇(びどん)宗、成実(じょうじつ)宗、律(りっ)宗、三論(さんろん)宗、涅槃(ねはん)宗、地論(じろん)宗、浄土(じょうど)宗、禅(ぜん)宗、摂論(しょうろん)宗、天台(てんだい)宗、華厳(けごん)宗、法相(ほっそう)宗、真言(しんごん)宗をさす。
 これと同様に、日本でも大陸の学派仏教の影響を受け、奈良時代の華厳宗、法相宗、律宗の3宗、平安時代からの祖師を中心とした天台宗、真言宗の2宗、また鎌倉時代からの浄土宗、臨済(りんざい)宗、曹洞(そうとう)宗、浄土真宗、日蓮(にちれん)宗の5宗、室町時代以後の時(じ)宗、融通念仏(ゆうずうねんぶつ)宗、黄檗(おうばく)宗の3宗を総称して十三宗という。[平岡定海]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十三宗の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone