コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二町潟 じゅうにちょうがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二町潟
じゅうにちょうがた

富山県北西部,氷見市にある潟湖奈良時代には広大で風光明美な潟湖として知られ,『万葉集』では布勢海 (ふせのうみ) または布勢水海 (ふせのみずうみ) と呼ばれた。その後の地盤の隆起,仏生寺川による土砂の堆積,近世以降の干拓事業などによって次第に湖面が縮小し,長さ 1.5km,幅 100mの一条の水路となって残る。自生するオニバスは直径2~3mの巨大な葉をつけ天然記念物に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二町潟
じゅうにちょうがた

富山県北西部、氷見(ひみ)市にある潟湖(せきこ)。仏生寺(ぶっしょうじ)川や万尾(もお)川などの河川の堆積(たいせき)と干拓により、現在は幅200メートル、東西約1800メートル、面積0.2平方キロメートル。水深は1メートル余。国指定天然記念物のオニバスの発生地として知られる。かつては縄文海進による浅い入り海であったが、東方の二上山(ふたがみやま)山麓(さんろく)から砂州が延びて湖になったもので『万葉集』には布勢(ふせ)の海として詠まれている。潟周辺は低湿地で、水田には縦横に水路が通じる水郷地帯。1960年代までは農作業に田舟も用いられたが、全面的な排水工事が行われた。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十二町潟の関連キーワード富山県氷見市十二町氷見(市)多祜の浦富山平野

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android