コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十勝沖地震(2003年9月の) とかちおきじしん/2003ねん9がつのとかちおきじしん/にせんさんねんくがつのとかちおきじしん

1件 の用語解説(十勝沖地震(2003年9月の)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

十勝沖地震(2003年9月の)

2003年9月26日午前4時50分ごろ、北海道襟裳岬東南東約80km、深さ約40kmでマグニチュード(M)8.0の大地震が発生した。北海道地方から関東地方までの広い範囲で揺れが観測され、特に日高から十勝、釧路にかけて最大震度6弱の強い揺れが観測された。北海道から東北地方太平洋沿岸には津波が押し寄せ、厚岸町では遡上高が4.2mになった。苫小牧市では、やや長周期地震動の影響によるスロッシング現象で製油所のタンクが全面火災を起こした。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十勝沖地震(2003年9月の)の関連キーワード五夜四時JR下関駅放火事件下関駅放火事件川端商店街の火災静岡大空襲東北空襲福岡県の女性3人連続殺害事件名古屋刑務所の革手錠事件JR函館線脱線事故

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone