コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千々石ミゲル ちぢわミゲル

7件 の用語解説(千々石ミゲルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千々石ミゲル
ちぢわミゲル

[生]永禄11(1568)頃.肥前
[没]?
安土桃山時代天正遣欧使節の一人。名は清左衛門。肥前有馬大村氏の一族。天正遣欧使節の副使として天正 10 (1582) 年宣教師アレッサンドロ・バリニャーノに率いられ渡欧。同 18年帰国。豊臣秀吉に謁したのち肥前に帰り,イエズス会に入会,イルマン (伊留満) となったが,数年後棄教したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちぢわ‐ミゲル〔ちぢは‐〕【千々石ミゲル】

安土桃山時代の天正遣欧使節の一員。肥前の人。本名、清左衛門。ミゲル(Miguel)は洗礼名。有馬晴信の一族。天正10年(1582)伊東マンショらと渡欧し、翌年ローマ教皇と謁見。天正18年(1590)帰国。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千々石ミゲル【ちぢわミゲル】

天正遣欧使節の正使の一人。名は清左衛門。有馬晴信の従弟で大村純忠(すみただ)の甥。帰国後イエズス会に入会したが,のちに脱会して棄教したといわれる。最後は不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千々石ミゲル ちぢわ-ミゲル

1570?-? 織豊-江戸時代前期のキリシタン。
元亀(げんき)元年?生まれ。大村純忠(すみただ)の甥(おい)。有馬晴信(はるのぶ)の従弟(いとこ)。肥前千々石(長崎県)の人。天正10年(1582)ローマに派遣された天正遣欧使節の正使として長崎を出発。ローマ教皇に謁見し,18年帰国。翌年イエズス会に入会するが,のち脱会した。名は清左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ちぢわミゲル【千々石ミゲル】

1570(元亀1)‐?
1582年(天正10)出発した天正遣欧使節の一人。ミゲルは洗礼名。名は清左衛門。千々石直員の子。有馬晴信の従弟で,大村純忠の甥。有馬,大村2侯の正使として渡欧し,90年帰国。翌91年上京し,豊臣秀吉に謁見した。その後,使節の仲間とともにイエズス会に入会し,天草のコレジヨに学んだが,1603年(慶長8)までにはイエズス会を脱会し,06年大村喜前キリシタン追放のさい棄教した。最期は不明。【岸野 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちぢわミゲル【千々石ミゲル】

安土桃山時代、天正遣欧使節の正使。肥前の人。本名、清左衛門、ミゲルは洗礼名。1582年渡欧、翌年ローマ教皇に謁見した。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千々石ミゲル
ちぢわみげる
Chijiwa Miguel
(1569/70―?)

天正(てんしょう)遣欧使節の1人。本名清左衛門(せいざえもん)。千々石直員(なおかず)の子。ミゲルは洗礼名。九州のキリシタン大名大村純忠(すみただ)の甥(おい)で、同じく有馬晴信(ありまはるのぶ)の従弟(いとこ)にあたる。1580年(天正8)洗礼を受けて、有馬(長崎県)のセミナリオ(小神学校)に入った。バリニャーノの勧めで、有馬、大村両大名を代表する少年使節団の正使として選ばれ、82年伊東マンショらと長崎港を出帆、翌年ローマで教皇に謁見した。90年禁教下の日本に戻り、翌91年豊臣(とよとみ)秀吉に謁し、イエズス会に入会した。しかし1600~03年(慶長5~8)の間に脱会し、大村喜前(よしあき)に仕えた。20年(元和6)には異教徒として長崎に住んでいたが、その後の消息は不明である。使節の1人としての夢は破れ、不遇な晩年を送った。[宮崎賢太郎]
『ルイス・フロイス著、岡本良知訳註『九州三侯遣欧使節行記』(1942・東洋堂) ▽デ・サンデ編、泉井久之助他訳『新異国叢書5 デ・サンデ天正遣欧使節記』(1969・雄松堂書店) ▽松田毅一著『天正少年使節』(角川新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千々石ミゲルの関連キーワード伊東満所慶長遣欧使節遣欧使節天正遣欧使節原マルチノ伊東マンショ慶長遣欧使節団天正遣欧少年使節グワルチェリ松田毅一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千々石ミゲルの関連情報