千利休(読み)せんのりきゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千利休(せんのりきゅう)
せんのりきゅう
(1522―1591)

安土(あづち)桃山時代の茶人。本姓は田中。千は通称、ただし子孫はこれを本姓とした。初名与四郎。宗易(そうえき)、利休と号す。与兵衛の子として堺(さかい)(大阪府)今市(いまいち)町に生まれたが、茶の湯を好み、初め北向道陳(きたむきどうちん)、ついで武野紹鴎(たけのじょうおう)に師事した。1568年(永禄11)織田信長が上洛(じょうらく)し、堺に矢銭2万貫を課した際、和平派として信長に近づいた今井宗久(そうきゅう)、津田宗及(そうきゅう)と親しく、永禄(えいろく)末年から元亀(げんき)・天正(てんしょう)初年の間に、ともに信長の茶頭(さどう)となった。82年(天正10)6月、本能寺の変で信長横死後は秀吉に仕えたが、当初よりその言動には一介の茶頭の立場を超えるものがあった。子の道安(どうあん)や女婿(じょせい)の万代屋宗安(もずやそうあん)も茶頭となっている。86年4月上坂した豊後(ぶんご)の大友宗麟(そうりん)は、利休の印象を、国元への手紙のなかで「宗易ならでは関白様(秀吉)へ一言も申上ぐる人これ無しと見及び候」と述べている。秀吉が関白になった記念に催した85年10月の禁中茶会では、初めて利休の名で出席し秀吉を後見、以後この居士(こじ)号を用いるようになる。87年10月の北野大茶湯(おおちゃのゆ)には宗及・宗久とともに奉仕したが、中心になってこれを推進した。89年、亡父五十年忌のため大檀那(おおだんな)として大徳寺山門上層を増築し、暮れには完成したが、その際自分の木像を楼上に安置したことが、のちに賜死の一因とされた。90年、秀吉の小田原征伐に従い、勘責されて浪々の身であった、同じ茶頭の山上宗二(やまのうえそうじ)を秀吉に引き合わせたが、またまた勘気を被り、殺されるということがあった。利休自身も、帰洛(きらく)後の言動には不安定な点が看取される。明けて91年正月、よき理解者であった秀長(秀吉の異父弟)の病死がきっかけで利休処罰の動きが表面化し、2月13日堺へ下向、蟄居(ちっきょ)を命ぜられている。旬日を置いてふたたび上洛、28日聚楽(じゅらく)屋敷で自刃した。享年70歳。山門木像の件と、不当な高値で茶器を売買したことが表向きの罪状であるが、側近としての政治的言動が下剋上(げこくじょう)のふるまいとみなされ、これが秀吉部将間の対立のなかで死を招いたものと考えられる。「人生七十(じんせいしちじゅう) 力囲希咄(りきいきとつ) 吾這宝剣(わがこのほうけん) 祖仏共殺(そぶつともにころす)、提(ひっさぐ)る我得具足(わがえぐそく)の一太刀(ひとつたち)今此時(いまこのとき)ぞ天に抛(なげうつ)」が辞世であった。墓は大徳寺本坊方丈裏、同聚光院墓地にある。
 茶の湯の面では、秀吉時代になって独自性を打ち出し、それまでの四畳半にかわる二畳、一畳半といった小間(こま)の茶室と、それにふさわしい茶法を創案した。山崎の妙喜庵待庵(みょうきあんたいあん)(二畳)は、1582年秀吉の命を受けて利休がつくったものとされる。茶陶についても、86年ころには、いわゆる宗易型茶碗(ちゃわん)を完成、その美意識は黒楽(くろらく)茶碗に結実している。利休が茶の湯の大成者とされるのは、身辺にある雑器を道具に取り上げるなど、茶の湯のもつ日常性を追求する一方、小間の茶室にみるような、茶の湯の非日常的な求道(ぐどう)性を追求し、茶の湯の限界を窮めたところにあったといえよう。利休七哲は、武門を中心とする利休の高弟たちのことをいい、慶長(けいちょう)初年にはその1人、古田織部(ふるたおりべ)が茶湯名人の称を得ている。千家の家督、利休の茶統は、後妻宗恩の連れ子少庵(しょうあん)(妻は利休の娘亀女)とその子宗旦(そうたん)へと受け継がれ、宗旦の子のとき三千家に分流した。なお、没後から利休回帰が進んだが、ことに百回忌にあたる1690年(元禄3)に向けて高揚し、茶聖化の傾向も現れている。[村井康彦]
『村井康彦編『千利休』(『茶道聚錦三』1983 ・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千利休の関連情報