千町無田(読み)せんちょうむた

日本大百科全書(ニッポニカ)「千町無田」の解説

千町無田
せんちょうむた

大分県西部、玖珠(くす)郡九重町(ここのえまち)田野の飯田高原(はんだこうげん)にある湖跡平地。東西約2キロメートル、南北約1キロメートル、標高870メートル。「朝日長者餅(もち)の(まと)」伝説の地で、『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』に、昔この地大いに肥えて、水田開け、百姓その富におごって、餅を的にしたところ、白鳥と化して飛び去り、百姓は死に絶え、荒れ果ててしまったと記してある。1889年(明治22)の筑後(ちくご)川の大洪水で土地を失った久留米(くるめ)地方の人々20戸が、青木丑之(うしのすけ)に率いられて1894年入植、苦労して沼地を干拓し、1903年(明治36)170ヘクタールの田畑を得た。第二次世界大戦後、南隣の鳴子(なるこ)川軽石流の台地に入植した開拓者によって秋出しキャベツの栽培が成功している。西側をやまなみハイウェイが通じる。

[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「千町無田」の解説

千町無田
せんちょうむた

大分県西部,九重町東部の集落。飯田高原の北東部にある高冷地水田地帯。『豊後国風土記』の「朝日長者餅の的」の伝説の地。 1889年の筑後川大洪水で土地を失った人々を救済するために,旧久留米藩士青木丑之助が 94年に 20戸の農民とともに入植したのが始り。 1905年秋田から耐冷品種を導入して水稲栽培に成功。周辺山地の草地を利用する畜産や,高冷地野菜およびシイタケの栽培も行われる。九州横断道路 (やまなみハイウェー) が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android