コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千町無田 せんちょうむた

2件 の用語解説(千町無田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千町無田
せんちょうむた

大分県西部,九重町東部の集落。飯田高原の北東部にある高冷地水田地帯。『豊後国風土記』の「朝日長者餅の的」の伝説の地。 1889年の筑後川大洪水で土地を失った人々を救済するために,旧久留米藩士青木丑之助が 94年に 20戸の農民とともに入植したのが始り。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千町無田
せんちょうむた

大分県西部、玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町田野の飯田(はんだ)高原にある湖跡平地。東西約2キロメートル、南北約1キロメートル、標高870メートル。「朝日長者餅(もち)の的(まと)」伝説の地で、『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』に、昔この地大いに肥えて、水田開け、百姓その富におごって、餅を的にしたところ、白鳥と化して飛び去り、百姓は死に絶え、荒れ果ててしまったと記してある。1889年(明治22)の筑後(ちくご)川の大洪水で土地を失った久留米(くるめ)地方の人々20戸が、青木丑之助(うしのすけ)に率いられて1894年入植、苦労して沼地を干拓し、1903年(明治36)170ヘクタールの田畑を得た。第二次世界大戦後、南隣の鳴子(なるこ)川軽石流の台地に入植した開拓者によって秋出しキャベツの栽培が成功している。西側をやまなみハイウェイが通じる。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千町無田の関連キーワード九重自然観大分県玖珠郡九重町後野上大分県玖珠郡九重町恵良大分県玖珠郡大分県玖珠郡九重町大分県玖珠郡九重町田野大分県玖珠郡九重町野上大分県玖珠郡九重町松木大分県玖珠郡九重町右田大分県玖珠郡九重町湯坪