コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半村良 ハンムラリョウ

デジタル大辞泉の解説

はんむら‐りょう〔‐リヤウ〕【半村良】

[1933~2002]小説家。東京の生まれ。本名、清野平太郎。SFの手法を取り入れた伝奇的な時代小説で人気を得る。特に、市井に生きる人々の目を通して歴史を仮構した人情ものが評価された。「雨やどり」で直木賞受賞。他に「妖星(ようせい)伝」「岬一郎の抵抗」「太陽の世界」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

半村良【はんむらりょう】

小説家。本名清野平太郎。東京生れ。両国高校卒。以後,バーテンダーなど多種多様な職につく。1963年《収穫》で《SFマガジン》コンテストに佳作入選,作家活動に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

半村良 はんむら-りょう

1933-2002 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和8年10月27日生まれ。バーテンダー,コピーライターなど多様な職業につく。昭和48年「産霊山(むすびのやま)秘録」で時代小説に伝奇的・SF的手法を導入し,泉鏡花文学賞。市井もの,人情ものも得意とし,50年「雨やどり」で直木賞,平成5年「かかし長屋」で柴田錬三郎賞。ほかに「妖星伝」など。平成14年3月4日死去。68歳。東京出身。両国高卒。本名は清野平太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんむらりょう【半村良】

1933~2002) 小説家。東京生まれ。本名清野平太郎。両国高校卒。「産霊山秘録」で泉鏡花文学賞、「雨やどり」で直木賞を受賞。伝奇的ロマンや人情味豊かな時代小説を書く。作品「かかし長屋」「妖星伝」「太陽の世界」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半村良
はんむらりょう
(1933―2002)

小説家。東京生まれ。本名清野平太郎(きよのへいたろう)。1952年(昭和27)両国高校卒業。工員、バーテンダーなど多彩な職業を遍歴し、63年『収穫』で第2回『SFマガジン』コンテスト入選。夜の世界でしか生きられない奇怪な人間を描いた『石の血脈』(1971)で注目され、73年正史の陰に隠された一族の歴史を仮構した『産霊山(むすびのやま)秘録』(1972)で第1回泉鏡花(きょうか)賞を受賞。その後も、『黄金伝説』(1973)など、SF的手法で歴史の隠された脈絡を描いて、新たな伝奇時代小説の世界を開く。完結までに18年を要した『妖星(ようせい)伝』(1975~93)は、その集大成といえる。75年市井の人情を描いた『雨やどり』(1974)で第72回直木賞を受賞。ほかに、『不可触領域』(1974)、『どぶどろ』(1977)、『岬一郎の抵抗』(1988。日本SF大賞)、時代小説『かかし長屋』(1993。柴田錬三郎賞)、『すべて辛抱』(2001)など多数の著書がある。[山田俊治]
『『半村良コレクション』3冊(1992~93・出版芸術社) ▽『すべて辛抱』上下(2001・毎日新聞社) ▽『石の血脈』『産霊山秘録』『不可触領域』(角川春樹事務所・ハルキ文庫) ▽『完本妖星伝』全3巻(祥伝社文庫) ▽『どぶどろ』(扶桑社文庫) ▽『岬一郎の抵抗』『雨やどり』『かかし長屋』(集英社文庫) ▽『黄金伝説』(講談社文庫) ▽『半村良コレクション』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

半村良の関連キーワード天晴れ夜十郎大衆文学花村萬月ロマン人情味妖星

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半村良の関連情報