コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半田市(読み)はんだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半田〔市〕
はんだ

愛知県南西部,知多半島東岸にある市。 1937年半田成岩亀崎の3町が合体して市制。江戸時代には海上交通の根拠地として発展。明治以後は醤油,味噌の生産が盛んとなり,良質の水と隣町の阿久比 (あぐい) 米を原料として清酒,食酢をつくり,食酢の生産は現在も全国一。東海道本線さきがけて 1886年武豊線が開通して,これらの在来工業を助成した。第2次世界大戦中乙川 (おっかわ) に飛行機製作所,成岩 (ならわ) に製鉄所が操業し,近代工業化の契機をなした。 51年衣浦大橋により対岸の高浜町と結ばれ,また 57年半田,亀崎の両港は統合されて衣浦港の一部となり,衣浦臨海工業地域が造成された。現在は金属,鉄鋼,輸送機器,繊維,食品工業などの発達した工業都市。周辺農村部では,背後の知多丘陵上に流れる愛知用水を利用し,果樹や花卉栽培が行われる。また半田地方の酪農は多頭飼育の早期実現地として名高い。面積 47.42km2。人口 11万6908(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半田市の関連情報