コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えり

5件 の用語解説(襟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えり

衿,領とも書く。首のまわりを取巻く衣服の部分の名称。古くは閉じる,結ぶ,帯びるなどの意があり,衣服の開きを閉じる部分の意に転じた。日本服装史上では中国から伝わった盤領 (あげくび) と,現代の和服に伝わる独自の垂領 (たりくび) とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えり【襟/×衿/領】

衣服の首回りの部分。また、そこにつける縁どりの布。
首の後ろの部分。首筋。えりくび。
上着、下着を重ねて着て、一つに前を合わせること。「三つ―」
掛け布団の、首のあたる部分にかける細い布。
[下接語]赤襟裏襟上(うわ)襟折り襟角(かく)襟掛け襟狭(せま)襟立ち襟竪(たて)襟伊達(だて)襟突き襟詰め襟共襟抜き襟撥(ばち)襟半襟広襟坊主襟丸襟三つ襟

きん【襟】

衣服のえり。
胸のうち。心のうち。胸襟(きょうきん)。

きん【襟】[漢字項目]

常用漢字] [音]キン(漢) [訓]えり
〈キン〉
えり。「開襟
胸のうち。心。「襟懐襟度(きんど)胸襟宸襟(しんきん)
要害の地。「襟帯
〈えり〉「襟足襟首裏襟丸襟

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きん【襟】

衣服のえり。
心の中。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

襟の関連情報