(読み)えり

  • きん
  • 漢字項目
  • 襟/×衿/▽領

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衿,とも書く。首のまわりを取巻く衣服の部分の名称。古くは閉じる,結ぶ,帯びるなどのがあり,衣服の開きを閉じる部分の意に転じた。日本服装史上では中国から伝わった盤領 (あげくび) と,現代の和服に伝わる独自の垂領 (たりくび) とがある。襟に相当する英語のカラーは衣服の部分のみではなく,本来衣服に接続していなくとも,着装の際首に巻きつけるもの,たとえば首飾り,ネッカチーフなどをもさす点でいくぶん意味合いを異にする。また日本では洋装の襟ぐり線 (ネックライン) をも単に襟と呼ぶ場合があり,他方首のうしろの部分 (うなじ,襟足) の意もあって,かなり包括的に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

衣服の首回りの部分。また、そこにつける縁どりの布。
首の後ろの部分。首筋。えりくび。
上着、下着を重ねて着て、一つに前を合わせること。「三つ―」
掛け布団の、首のあたる部分にかける細い布。
[下接語]赤襟裏襟上(うわ)襟折り襟角(かく)襟掛け襟狭(せま)襟立ち襟竪(たて)襟伊達(だて)襟突き襟詰め襟共襟抜き襟撥(ばち)襟半襟広襟坊主襟丸襟三つ襟
衣服のえり。
うち。心のうち。胸襟(きょうきん)。
常用漢字] [音]キン(漢) [訓]えり
〈キン〉
えり。「開襟
胸のうち。心。「襟懐襟度(きんど)胸襟宸襟(しんきん)
要害の地。「襟帯
〈えり〉「襟足襟首裏襟丸襟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 衣服のえり。えもん。→襟を正す。〔漢書‐蘇武伝〕
② 胸の中。心の中。胸襟。〔北史‐韋夐伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

襟の関連情報