南沙群島(読み)なんさぐんとう

百科事典マイペディアの解説

南沙群島【なんさぐんとう】

中国大陸南方海上,インドシナ半島とフィリピン諸島の間にあるサンゴ礁群で,中国海南省に所属。スプラトリー(Spratly)諸島,南沙諸島とも。グアノ,熱帯果物,ウミガメなどを産し,周辺海域に海底油田がある。1939年に日本とフランス間で領有問題をめぐって紛争が起こり,第2次大戦直前日本が占領して,新南群島と称した。戦後,日本はその権利・請求権を放棄。現在,ベトナム,フィリピンもそれぞれ領有を主張し,係争地となっていたが,2002年中国とASEAN諸国との間の〈南シナ海行動宣言〉により,領有権の事実上の棚上げが合意された。しかし,近年,中国はこの海域を〈国家核心利益〉と位置づけ,軍事的プレゼンスを強めており,緊張が再燃,2011年から数回にわたり探査船をフィリピンの主張する領海に送り,2012年にはフィリピンと中国の艦船が対峙する事態が起きた。2014年,中国は南沙群島のミスチーフ岩礁で大規模な埋め立て工事を進行させ,滑走路などを建設。アメリカは南シナ海での前哨基地として軍事化を進めているとして,重大な懸念を表明している。1988年には,領有権をめぐって中国とベトナムの海軍が軍事衝突し,勝利した中国が岩礁と珊瑚礁の一部を手中にする,という事件も起きている。領海・領土問題で軍事衝突も辞さない中国の強引な姿勢を知るうえで重要な事例である。
→関連項目アジア中華人民共和国フィリピン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんさぐんとう【南沙群島 Nán shā qún dǎo】

東はフィリピンのパラワン島カリマンタン(ボルネオ)島,西はベトナムに囲まれた北緯4゜~12゜の間の海域に分布する200近い島嶼,岩礁からなる諸島。スプラトリーSpratly諸島ともいう。おもな島に太平島,南威島,中業島,景宏島,鴻庥島,費信島,馬歓島,陽明礁,鄭和群礁,万安灘,礼楽灘,海馬灘などがあるが,最大の太平島でも面積は0.4km2にすぎない。古来,太平洋とインド洋を結ぶ軍事・通商上の要衝である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なんさぐんとう【南沙群島】

南シナ海の南部に散在する珊瑚礁の島々。フィリピン・インドネシア・中国・マレーシア・ベトナムなどが領有を主張している。第二次大戦中は日本領、新南群島と称した。別名、スプラトリー群島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android