コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚沢部[町] あっさぶ

2件 の用語解説(厚沢部[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

厚沢部[町]【あっさぶ】

北海道檜山郡の町。江差町の東隣にある。厚沢部川流域の広い山地はヒバ林地帯。農業を基幹とし,米,ジャガイモ,大豆,小豆,ダイコンなどを産する。460.58km2

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あっさぶ【厚沢部[町]】

北海道南西部,檜山支庁檜山郡の町。人口5385(1995)。松前半島の基部にあたり,西流して日本海に注ぐ厚沢部川の集水域を町域としている。総面積の8割は国有林を主とする森林で,耕地は狭い。厚沢部川とその支流の谷床は比較的広く,水田が開け,内陸部には緩傾斜の台地が広がり,畑作が行われ,豆類,バレイショテンサイなどが作付けされている。天正年間(1573‐92)以降俄虫(がむし),目名,安野呂(あんのろ),赤沼,土橋の村落が順次開け,江戸時代ヒノキの中心産地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

厚沢部[町]の関連キーワード渡島半島尾花岬檜山支庁檜山江差渡島後志総合振興局上ノ国もんじゅ小檜山博

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone