原の辻(はるのつじ)遺跡(読み)はるのつじいせき

知恵蔵の解説

原の辻(はるのつじ)遺跡

2004年2月に青銅器の鋳型が見つかり、その生産が確かめられた長崎県・壱岐の大規模な弥生時代遺跡。魏志倭人伝の一支(いき)国の中心部とみられ、約80haにわたり環濠集落や港、王墓域、建物などの跡が分かっている。また銅剣などの青銅器や玉類など、大陸・朝鮮半島製品を含む大量の遺物も出土しており、代表的な弥生遺跡とされる。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android