コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原嘉道 はらよしみち

3件 の用語解説(原嘉道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原嘉道
はらよしみち

[生]慶応3(1867).2.18. 長野
[没]1944.8.7. 東京
法律家,政治家。東京帝国大学卒業後,農商務省に入省したが,わずか4年で官を辞し,弁護士に転じた。以来,在野法曹界における民事訴訟第一人者として活躍。 1927年田中義一内閣の司法相に党外から起用され入閣。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原嘉道 はら-よしみち

1867-1944 明治-昭和時代前期の弁護士,政治家。
慶応3年2月18日生まれ。明治26年農商務省を退官して弁護士を開業。昭和2年田中義一内閣法相となり,刑を加重する治安維持法改定をすすめた。5年中央大総長。6年枢密顧問官,のち枢密院議長。昭和19年8月7日死去。78歳。信濃(しなの)(長野県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はらよしみち【原嘉道】

1867‐1944(慶応3‐昭和19)
弁護士,政治家。長野県上高井郡生れ。須坂藩士原耕作の長男。1890年東京帝大英法科卒。農商務省に入り,鉱山監督官などをつとめたのち,93年退官して弁護士を開業,花形民事弁護士として活躍した。刑事事件にも関与し,とくに検察当局の人権侵犯を非難して,友人の京都府知事木内重四郎を弁護した豚箱事件は,小林芳郎大阪検事長を辞職に追い込んだ。1927年田中義一内閣の司法大臣に就任,刑を加重した治安維持法改正の責任者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原嘉道の関連キーワード長野県上高井郡小布施町大島長野県上高井郡小布施町小布施長野県上高井郡小布施町雁田長野県上高井郡高山村久保長野県上高井郡高山村駒場長野県上高井郡高山村高井長野県上高井郡高山村中山長野県上高井郡高山村堀之内長野県上高井郡高山村牧長野県上高井郡高山村紫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原嘉道の関連情報