コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原嘉道 はらよしみち

3件 の用語解説(原嘉道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原嘉道
はらよしみち

[生]慶応3(1867).2.18. 長野
[没]1944.8.7. 東京
法律家,政治家。東京帝国大学卒業後,農商務省に入省したが,わずか4年で官を辞し,弁護士に転じた。以来,在野法曹界における民事訴訟第一人者として活躍。 1927年田中義一内閣の司法相に党外から起用され入閣。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原嘉道 はら-よしみち

1867-1944 明治-昭和時代前期の弁護士,政治家。
慶応3年2月18日生まれ。明治26年農商務省を退官して弁護士を開業。昭和2年田中義一内閣法相となり,刑を加重する治安維持法改定をすすめた。5年中央大総長。6年枢密顧問官,のち枢密院議長。昭和19年8月7日死去。78歳。信濃(しなの)(長野県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はらよしみち【原嘉道】

1867‐1944(慶応3‐昭和19)
弁護士,政治家。長野県上高井郡生れ。須坂藩士原耕作の長男。1890年東京帝大英法科卒。農商務省に入り,鉱山監督官などをつとめたのち,93年退官して弁護士を開業,花形民事弁護士として活躍した。刑事事件にも関与し,とくに検察当局の人権侵犯を非難して,友人の京都府知事木内重四郎を弁護した豚箱事件は,小林芳郎大阪検事長を辞職に追い込んだ。1927年田中義一内閣の司法大臣に就任,刑を加重した治安維持法改正の責任者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

原嘉道の関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原嘉道の関連情報