コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厩火事 ウマヤカジ

デジタル大辞泉の解説

うまやかじ〔うまやクワジ〕【厩火事】

落語。火事で馬よりも家来の身を案じた孔子故事にならい、髪結い女房が、亭主の愛情を試そうと、大切な瀬戸物を割る。亭主は女房の身を案じるが、それはけがをされては、自分が食い上げになるからであった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

厩火事

古典落語の演目のひとつ。「厩焼けたり」とも。八代目桂文楽が得意とした。オチは逆さオチ。主な登場人物は、夫婦者。題名は孔子の故事にちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うまやかじ【厩火事】

落語。若い亭主を養う髪結おさきは亭主の真意を知りたがる。仲人は,厩火事で愛馬を失った孔子が家来の身だけを案じた美談と,奥方の安否よりも秘蔵の皿を珍重した麴町の殿様の薄情話とをし,亭主の実意を試すために彼の愛蔵の皿を割れと教える。おさきが皿を割ると亭主が彼女の身を案じるのでよろこぶと,〈手でも怪我してみねえ。明日から遊んでて酒が飲めねえ〉。落ちはとたん落ち。【興津 要】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厩火事
うまやかじ

落語。『論語』から出た教訓噺(ばなし)。夫婦げんかの絶えない髪結いのお崎は、亭主の本心が知りたくて仲人(なこうど)に話す。仲人は、唐土(もろこし)の孔子は厩の火事で愛する白馬を焼死させながらも、馬にかまわず家来の安否を尋ねたため、家来は孔子を心から尊敬したという話と、麹町(こうじまち)のさる屋敷の旦那(だんな)は、奥方がたいせつな瀬戸物の鉢を持って階段から滑り落ちたときに、鉢のほうばかり気にして奥方の体のことを少しも聞かなかったという話をする。そして、お前の亭主も、お前が瀬戸物を割ったときに、もしも瀬戸物ばかり気にしているようだったら別れてしまえと教えた。お崎は帰宅して瀬戸物を壊す。亭主は驚いて「けがはなかったか」と聞く。「まあ、ありがたい。お前さん、そんなにあたしの体がだいじかい」「あたりめえじゃねえか、けがしてみねえ、あしたっから遊んでて酒飲むことができねえ」。古い江戸の噺であり、8代目桂文楽(かつらぶんらく)が研究を重ねて完成した。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

厩火事の関連キーワード桂 文楽(8代目)古今亭 右朝落語の演題古典落語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厩火事の関連情報