厭勝銭(読み)えんしょうせん(英語表記)Yan-sheng-qian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厭勝銭
えんしょうせん
Yan-sheng-qian

縁起物や護符として特別な図柄や文字を配した中国の銭貨をいう。現在家庭で用いるおろしがねのような形をして,の形とはかけ離れたものもある。宋・元時代以降に多くみられる。なかには漢代にさかのぼるものもあるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようしょうせん【厭勝銭 yàn shèng qián】

中国において,流通を目的としてではなく,魔よけ・まじないを目的として作られた私銭をいう。銭の形をした護符と考えればよい。俗に〈えんしょうせん〉と呼び慣わしている。厭勝という言葉には,災難をはらう,悪魔を圧伏するという消極的な意味があるが,厭勝銭に刻まれた文字にはむしろ積極的な意味をもつ吉祥語や慶福の願望を表すものが多い。万災永滅,万病不侵などというのもあるが,千秋万歳,長命富貴,大宜子孫,花生不老などのようなものの方が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あっしょうせん【厭勝銭】

えんしょうせん【厭勝銭】

吉祥の文句や特殊な図像を刻んで、縁起物または護符として所持した銭。中国では漢代からあり、宋・元以後に多くつくられた。日本では室町から江戸時代にかけて行われた。流通貨幣ではない。あっしょうせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厭勝銭
えんしょうせん

銭の形をかたどった中国の護符(お守り)の一種。正しくは「ようしょうせん」といい、厭勝(ようしょう)とはまじないをもって邪悪を払うこと。銭の表(おもて)面に「千秋万歳」「天下太平」「去殃除凶(きょおうじょきょう)」などの吉祥語を書き入れ、背面に北斗、双魚、亀蛇(きだ)、竜鳳(りゅうほう)、新月などの図案を刻している。讖緯(しんい)説が流行した王莽(おうもう)の新(9~23)の時代に起源をもち、唐・宋(そう)以降に至っても盛んに鋳造された。形状は長方形など多彩であり、日本に伝来したものは、絵銭、画銭として珍重されている。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あっしょう‐せん【厭勝銭】

〘名〙
道教呪文(じゅもん)を鋳(い)た銭状の護符。星祭に供え、悪鬼悪害を避けるのに用いた。
② 吉祥を意味することばを鋳出した玩具の銭。えんしょうせん。

えんしょう‐せん【厭勝銭】

〘名〙 まじないの銭。中国で、銭に縁起のよいことばや龍馬の文様などを彫って厭勝(まじない)とし、わざわいを避け、好運を願ったもの。漢代に出現し、唐、宋以後さかんになった。また、吉祥を意味することばを鋳出した玩具の銭をもいう。あっしょうせん。ようしょうせん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の厭勝銭の言及

【厭勝銭】より

…俗に〈えんしょうせん〉と呼び慣わしている。厭勝という言葉には,災難をはらう,悪魔を圧伏するという消極的な意味があるが,厭勝銭に刻まれた文字にはむしろ積極的な意味をもつ吉祥語や慶福の願望を表すものが多い。万災永滅,万病不侵などというのもあるが,千秋万歳,長命富貴,大宜子孫,花生不老などのようなものの方が多い。…

※「厭勝銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android