承る(読み)ウケタマワル

デジタル大辞泉の解説

うけ‐たまわ・る〔‐たまはる〕【承る】

[動ラ五(四)]《上位者から命令などを「受け」「いただく」の意の「受け賜る」から》
受ける」の謙譲語。謹んで受ける。お受けする。「大役を―・る」
聞く」の謙譲語。謹んで聞く。拝聴する。「ありがたいお話を―・りました」
伝え聞く」の謙譲語。「―・るところによりますと」
引き受ける意の謙譲語。謹んでお引き受けする。「御用命―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うけたまわる【承る】

( 動五[四] )
〔「受け賜る」の意〕
「聞く」の謙譲語。
(目上の人の言葉を)つつしんで聞く。拝聴する。 「御意見を-・る」
(目上の人の様子を)伝え聞く。 「 - ・るところによりますと」
「引き受ける」「承諾する」の謙譲語。(目上の人の命令や頼みを)引き受ける。 「御用命を-・る」 「委細-・りました」
「受ける」の謙譲語。お受けする。いただく。 「かしこき仰せ言をたびたび-・りながら/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承るの関連情報