コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諾なう/宜なう ウベナウ

デジタル大辞泉の解説

うべ‐な・う〔‐なふ〕【諾なう/宜なう】

[動ワ五(ハ四)]《副詞「うべ」+接尾語「なう」から。平安時代以降は「むべなう」とも表記》
願いや要求を引き受ける。同意する。うけがう。
「その甥の申し出を女に伝えることを―・わないわけにはいかなかった」〈堀辰雄・曠野〉
服従する。
「神八井耳命はぢて―・ひぬ」〈綏靖紀〉
謝罪する。わびる。
「是によりて百済国、辰斯王を殺して―・ひにき」〈応神紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

諾なう/宜なうの関連キーワード神八井耳命

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android