コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諾なう/宜なう ウベナウ

デジタル大辞泉の解説

うべ‐な・う〔‐なふ〕【諾なう/宜なう】

[動ワ五(ハ四)]《副詞「うべ」+接尾語「なう」から。平安時代以降は「むべなう」とも表記》
願いや要求を引き受ける。同意する。うけがう。
「その甥の申し出を女に伝えることを―・わないわけにはいかなかった」〈堀辰雄・曠野〉
服従する。
「神八井耳命はぢて―・ひぬ」〈綏靖紀〉
謝罪する。わびる。
「是によりて百済国、辰斯王を殺して―・ひにき」〈応神紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

諾なう/宜なうの関連キーワード神八井耳命

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android