コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝煎り/肝入り キモイリ

デジタル大辞泉の解説

きも‐いり【肝煎り/肝入り】

双方の間を取りもって心を砕き世話を焼くこと。また、その人。「新聞社の―で30年ぶりの対面がかなう」
江戸幕府の職名。同職中の支配役・世話役。高家肝煎寄合肝煎など。
江戸時代、村役人をいう。庄屋(しょうや)名主(なぬし)など。
奉公人・遊女などを周旋すること。また、それを業とする人。
「―は道々うそを言ひ含め」〈川柳評万句合〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

肝煎り/肝入りの関連キーワード海外交通・都市開発事業支援機構間銀・合銀為尽く

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android