コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝煎り/肝入り キモイリ

1件 の用語解説(肝煎り/肝入りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きも‐いり【肝煎り/肝入り】

双方の間を取りもって心を砕き世話を焼くこと。また、その人。「新聞社の―で30年ぶりの対面がかなう」
江戸幕府の職名。同職中の支配役・世話役。高家肝煎寄合肝煎など。
江戸時代、村役人をいう。庄屋(しょうや)名主(なぬし)など。
奉公人・遊女などを周旋すること。また、それを業とする人。
「―は道々うそを言ひ含め」〈川柳評万句合〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone