コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝煎り/肝入り キモイリ

1件 の用語解説(肝煎り/肝入りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きも‐いり【肝煎り/肝入り】

双方の間を取りもって心を砕き世話を焼くこと。また、その人。「新聞社の―で30年ぶりの対面がかなう」
江戸幕府の職名。同職中の支配役・世話役。高家肝煎寄合肝煎など。
江戸時代、村役人をいう。庄屋(しょうや)名主(なぬし)など。
奉公人・遊女などを周旋すること。また、それを業とする人。
「―は道々うそを言ひ含め」〈川柳評万句合〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝煎り/肝入りの関連キーワードおせせおせせの蒲焼き口入れ心を砕く心を以て心に伝う座を取り持つ世話を焼く世話を病む取結ぶ取持つ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone