コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)成す/執(り)成す トリナス

デジタル大辞泉の解説

とり‐な・す【取(り)成す/執(り)成す】

[動サ五(四)]
対立する二者の間に立って、事態が好転するようにうまくとりはからう。また、その場の気まずい雰囲気をうまくまとめる。「座を―・す」
なかだちをする。仲介する。「面会できるよう―・す」
手に取って別の物に変える。
「湯津爪櫛(ゆつつまぐし)にその童女を―・して」〈・上〉
取り沙汰する。
「作りごとめきて―・す人ものし給ひければ」〈・夕顔〉
実際とは違うように振る舞う。
「思はぬ人を思ふ顔に―・す言の葉多かるものと」〈・総角〉
調子を合わせる。
「あまり情にひきこめられて、―・せば、あだめく」〈帚木
[可能]とりなせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android