コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口説く クドク

デジタル大辞泉の解説

くど・く【口説く】

[動カ五(四)]《「くどくど」などの「くど」と同語源で、「口説く」は当て字か》

㋐こちらの意向を相手に承知してもらおうとして、熱心に説いたり頼んだりする。説得する。「親を―・いて費用を出させる」
㋑異性に対して、自分の思いを受け入れるよう説得する。言い寄る。「言葉巧みに―・く」
同じことを繰り返し言う。くどくどと愚痴をこぼす。
「泣いて―・いて裟婆立つならば、己(おれ)も泣きます―・きます」〈民謡・布施谷節〉
しきりに意中を訴える。祈願する。
「経読み仏―・き参らせらるるほどに」〈讃岐典侍日記・上〉
[可能]くどける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くどく【口説く】

( 動五[四] )
〔「くどくど」の「くど」の動詞化か〕
納得させようとしきりに説得したり懇願したりする。自分の思いどおりにしようとし、いろいろに言う。 「父親を-・いて車を買わせる」 「言葉巧みに-・く」
異性に対して、自分の意に従わせようと、しきりに言葉で迫る。言い寄る。 「女を-・く」
くどくどと繰り返して言う。しきりに嘆きの言葉を言う。 「のろのろしげにはばかる所もなく-・き給へば/平治 上・古活字本
[可能] くどける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口説くの関連キーワード鰺ヶ沢甚句・鯵ヶ沢甚句デザートはあなた読み売り・読売り一押し二金三男盆踊り口説き新保広大寺掻き・搔きタルチュフ夜っぴとい為做せ振り濡れ掛かる河内音頭相川音頭江州音頭戯れ心撥ねるトスカ口説き古今節平治

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口説くの関連情報