コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可愛川 えのかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可愛川
えのかわ

広島県中北部の川。江川 (ごうがわ) の上流。全長 98km。大朝盆地に源を発し,北広島町安芸高田市などを経て,三次盆地で他の諸支流を合わせて北西流,島根県に入って江川となる。江戸時代には,かんな流し (砂鉄採取) が盛んに行なわれ,そのために河床が上昇して洪水がしばしば起こった。 1974年八千代町 (現安芸高田市) に,広島湾岸に分水するための土師 (はじ) ダムがつくられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えのかわ【可愛川】

広島県北東部を流れる江の川(ごうのかわ)上流部の本流部分。広島県側での呼称で吉田川,郷川と呼ばれたこともあるが,1966年江の川が1級河川に昇格した際に名称統一があり,江の川とされた。西中国山地(芸北山地)北端の阿佐山に発し,南東へ大きく湾曲しながら中国(高田)高原を貫流し,途中に大朝,壬生(みぶ)の両浸食盆地を形成する。土師(はじ)ダム下流から流路を北東に転じ,広島県西部に特有の北東~南西系構造線に沿ってほぼ直行し,三次(みよし)市に至って同規模の支流馬洗(ばせん)川と西城川を合わせ江の川となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕可愛川(えのかわ)


広島県北部を流れる江(ごう)の川上流部の別称。中国山地の阿佐(あさ)山(標高1218m)に源を発し、南東流して三次(みよし)盆地で馬洗(ばせん)川・西城(さいじょう)川を合わせ、江の川となる。延長98km。中流の土師(はじ)ダム(八千代(やちよ)湖)は広島市などへ上水道工業用水を供給する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の可愛川の言及

【江の川】より

…この川の名称は,旧河川法の時代には広島県側が郷川(ごうがわ),島根県側が江川(ごうがわ)と告示されていたが,1966年4月に1級河川に指定された際,江の川と統一された。本流は広島県山県郡大朝町阿佐山に発する可愛川(えのかわ)であり,標高400~700mの中国(高田)高原の上を南東へ,ついで北東に流れて三次(みよし)市に至り,ほぼ同じ規模の支流,馬洗(ばせん)川,西城川,神野瀬(かんのせ)川を合わせる。その後,流路を西方へ反転させ,中国山地の隆起に抗して江の川関門と呼ばれる深い峡谷をうがち,典型的な先行性流路を形成する。…

※「可愛川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

可愛川の関連キーワード吉田(広島県)八千代[町]千代田[町]甲田[町]吉田[町]三次市中流別称高宮豊平作木甲田

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android