コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江の川 ゴウノガワ

6件 の用語解説(江の川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごう‐の‐がわ〔ガウ‐がは〕【江の川】

江川(ごうがわ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江の川【ごうのがわ】

広島県北部の中国山地に発し,島根県江津市日本海に注ぐ中国地方最大の川。長さ194km,流域面積3900km2。上流は可愛(えの)川(江ノ川)といい,三次(みよし)盆地馬洗川西城川,神野瀬川などを集めて江の川となる。
→関連項目石見高原邑智[町]川本[町]桜江[町]島根[県]広島[県]瑞穂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごうのかわ【江の川】

広島・島根両県にまたがる中国地方第一の川。この川の名称は,旧河川法の時代には広島県側が郷川(ごうがわ),島根県側が江川(ごうがわ)と告示されていたが,1966年4月に1級河川に指定された際,江の川と統一された。本流は広島県山県郡大朝町阿佐山に発する可愛川(えのかわ)であり,標高400~700mの中国(高田)高原の上を南東へ,ついで北東に流れて三次(みよし)市に至り,ほぼ同じ規模の支流,馬洗(ばせん)川,西城川,神野瀬(かんのせ)川を合わせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごうのかわ【江の川】

中国地方第一の長流。長さ194キロメートル。広島県北部の阿佐山に発し、三次みよし市で三川を合わせて流路を西方に転じ、中国山地を横切り、島根県江津ごうつ市で日本海に注ぐ。ごうがわ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県(広島県)〕江の川(ごうのかわ)


広島県北西部から島根県中部を流れる川。中国地方第1の大河。1級河川(江の川水系)。延長194km。流域面積3900km2。別称は江(ごう)川とも。上流の広島県北西部は可愛(えの)川とよばれる。広島・島根両県境の阿佐(あさ)山(標高1218m)東麓(とうろく)に源を発した可愛川が広島県内を東流。三次(みよし)盆地で江の川となり、馬洗(ばせん)川・西城(さいじょう)川・神野瀬(かんのせ)川などを合わせ中国山地を横断し北流、次いで西流し、島根県江津(ごうつ)市で日本海に注ぐ。古くから、中国山地の蹈鞴吹(たたらぶ)きや石見(いわみ)銀山の発展に伴い水運が発達。広島県北部の内陸部と日本海側を結ぶ大動脈であった。上流の土師(はじ)ダム(八千代(やちよ)湖)は広島大都市圏の上水道源・工業用水、中流の浜原(はまはら)ダムは発電に利用される。支流の濁(にごり)川に奇勝の断魚渓(だんぎょけい)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江の川
ごうのかわ

中国地方第一の長流。延長194キロメートル、流域面積3870平方キロメートル。「ごうがわ」「ごうのがわ」ともいい、江川とも記す。中国太郎ともよばれる。広島・島根県境の阿佐山山塊に源を発し、広島県北部を東流し北流して三次(みよし)市付近で神瀬(かんのせ)、西城、馬洗(ばせん)の3川と合流ののち、先行性河川となって中国山地を横断し、峡谷と河岸段丘を形成しながら島根県中央部を三瓶山(さんべさん)に向けて北流。美郷(みさと)町粕淵(かすぶち)で河流を西に転じ江津(ごうつ)市で日本海に注ぐ。三次市より上流を可愛(えの)川という。下流に沖積平野をつくらず「能無(のうなし)川」ともいわれ、また、大水害の記録が多い。とはいえ、水量が豊かで勾配(こうばい)は緩く、古来水運が盛んで山陰と山陽を結ぶ文化、宗教、経済の通過路となる。近世には、石見(いわみ)銀山経営と流域花崗岩(かこうがん)風化地域でのたたら製鉄の進展により、島根側で江津、川本、浜原、広島側で三次、作木(さくぎ)などの河港や渡津(としん)集落が発展した。上り舟には米、塩、茶、瓦(かわら)類、下り舟にはコウゾ、木材、薪炭、和紙、銑鉄を積み、人も乗せた。1930年(昭和5)江の川に沿ってJR三江(さんこう)線が江津―川戸間に開通してからは舟運は衰退し、浜原ダムの築造で航行は不能となった。断魚渓(だんぎょけい)、千丈渓(せんじょうけい)などの峡谷や多くの滝があり、アユ釣りも行われる。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江の川の言及

【可愛川】より

…広島県北東部を流れる江の川(ごうのかわ)上流部の本流部分。広島県側での呼称で吉田川,郷川と呼ばれたこともあるが,1966年江の川が1級河川に昇格した際に名称統一があり,江の川とされた。…

※「江の川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江の川の関連キーワード赤平川コロンビア川猿ヶ石川道志川ニジェール川日野川紙屋川葛城川留萌川山陰酸素工業

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江の川の関連情報