コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三次盆地 みよしぼんち

6件 の用語解説(三次盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三次盆地
みよしぼんち

広島県北部,中国山地吉備高原の間にある盆地。盆地の中央で神野瀬川,西城川馬洗川可愛川(えのがわ)に合流し,盆地底に氾濫原を形成。周囲は新第三紀層の低い丘陵からなる。秋には霧が発生し,「霧の海」と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みよし‐ぼんち【三次盆地】

広島県北東部に広がる県内最大の盆地。中国山地と吉備(きび)高原の間に位置し標高は150~450メートル、東西40キロメートル、南北25キロメートル。江(ごう)川水系の4河川による浸食でつくられた。開発の歴史が古く多くの古墳が発見されている。川筋を交通路として山陽と山陰が結ばれている。農業は米作が主。寒暑の差が大きい内陸性の気候で、秋の早朝に見られる霧は「霧の海」として有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三次盆地【みよしぼんち】

広島県北部の盆地。江の川(ごうのかわ)の上流部,支流の神野瀬川,西城川,馬洗川,可愛(えの)川などの合流点付近が中心で,標高150〜170mの沖積地と第三系の低い丘陵からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みよしぼんち【三次盆地】

広島県北部にある山間盆地で,津山盆地勝山盆地などとともに中国地方の中央盆地列の一つをなす。狭義の三次盆地は三次市付近の平地と丘陵からなる東西6km,南北4kmの地域をいうが,広義にはその周辺にある庄原,三良坂(みらさか),君田,高宮などの小盆地を含む東西約40km,南北約25kmの範囲を指す。地質は花コウ岩,花コウ斑岩,ヒン岩,流紋岩,第三紀中新世層よりなり,盆地主要部は浸食されやすい中新世層の分布域である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕三次盆地(みよしぼんち)


広島県北部の盆地。中国山地と吉備(きび)高原の間に東西に連なる盆地列の一つ。東西約6km、南北約4km。盆地床の標高150~200m。広義には庄原(しょうばら)・三良坂(みらさか)・高宮(たかみや)などの小盆地を含む。盆地は標高の異なる4段の丘陵からなる。盆地内で可愛(えの)川・西城(さいじょう)川・馬洗(ばせん)川・神野瀬(かんのせ)川が合流し、江(ごう)の川となり北西流し、中国山地に横谷(おうこく)を刻んで日本海側に流れる。秋から春にかけての放射冷却による濃霧が有名。古くから日本海沿岸と瀬戸内地方を結ぶ交通の要衝。米麦作と果樹栽培、酪農・畜産が盛ん。中国自動車道が通じ、工業化が進む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三次盆地
みよしぼんち

広島県北部にある山間盆地。津山、勝山、東城(とうじょう)などの盆地と同じように中国脊梁(せきりょう)山地と吉備(きび)高原の間にある盆地列の一つ。周辺から西城川、馬洗(ばせん)川、可愛(えの)川、神野瀬(かんのせ)川などが盆地内で合流し、江の川(ごうのかわ)となって北西へ流れる。盆地の低地は標高150~170メートル、盆地の北側は断層崖(がい)をなし、南側は第三紀の丘陵性山地で吉備高原へ続いている。気候は瀬戸内沿岸よりやや大陸的で冬寒く、雪がやや多い。秋には明け方から午前10時まで濃霧が地表を覆い、高所から見ると、霧の海のように見える。盆地の南側の丘陵地帯は浄楽寺・七ツ塚古墳群(国史跡)など古墳が多い。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三次盆地の関連キーワード冠山山地吉備高原中国山地津山盆地吉備〈町〉大朝〈町〉芸北〈町〉作木〈村〉布野〈村〉冠山〈中国山地〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三次盆地の関連情報