コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田栄三(1世) よしだえいざ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田栄三(1世)
よしだえいざ[いっせい]

[生]明治3(1872).4.29. 大阪
[没]1945.12.9. 奈良
人形遣い。本名柳本栄次郎。 1883年大阪沢の席で初舞台。初名吉田光栄。 92年栄三と改名。 1927年文楽座座頭となる。近代人形遣いの代表的名人。定まった師匠をもたず,1世吉田玉造,1世桐竹紋十郎など,先輩名人の間で修業。女方二枚目を本領としたが,座頭襲任以後は立役にまわった。気品高く,知的で重厚な芸風当り役は『伊賀越道中双六』の重兵衛,『菅原伝授手習鑑』の菅丞相,『加賀見山旧錦絵』の尾上など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

吉田栄三(1世)の関連キーワード初舞台

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android