コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉祥草 きちじょうそうkuśa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉祥草
きちじょうそう
kuśa

かやに似た植物。古代インドにおいて祭祀の際に地面にまいて祭場をつくるのに用いられた。釈尊悟りを開いたときに菩提樹の下に,この草を敷いて坐したともいわれる。矩尸,姑奢などとも音写され,上などとも訳される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きちじょう‐そう〔キチジヤウサウ〕【吉祥草】

ユリ科の常緑多年草。陰地に生え、茎は地表をはい、ひげ根を出す。葉は広線形。秋の終わりに、淡紫色の小花を穂状につけ、実は紅紫色。植えている家の吉事のときに花が開くという俗信がある。観音草。吉祥蘭。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きちじょうそう【吉祥草】

ユリ科の常緑多年草。林下に生え、茎は地をはい、先端付近に根を出して広線形の葉を密につける。晩秋、帯紅色の短い花茎を立てて一〇個内外の淡紫色の花を穂状につける。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

吉祥草 (キチジソウ)

植物。ツゲ科の常緑小低木,園芸植物。フッキソウの別称

吉祥草 (キチジョウソウ・キッショウソウ)

学名:Reineckea carnea
植物。ユリ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

吉祥草の関連キーワード奈良県御所市茅原御所(市)篠田芥津御所市林下晩秋かや草座

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android