コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉舎 きさ

2件 の用語解説(吉舎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉舎
きさ

広島県北部,三次市の南東部を占め,三次盆地に広がる地区。旧町名。 1920年町制。 1953年八幡村と合体。 1955年上川村の一部を編入。 2004年4月三次市,甲奴,三良坂,三和の3町,および君田,布野,作木の3村と合併し市制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉舎
きさ

広島県北部、双三(ふたみ)郡にあった旧町名(吉舎町(ちょう))。現在は三次(みよし)市吉舎町地区。1920年(大正9)町制施行。1953年(昭和28)八幡(やはた)村と合併。2004年(平成16)、三次市および甲奴(こうぬ)郡の甲奴(こうぬ)町、双三(ふたみ)郡の三良坂(みらさか)町、三和(みわ)町、君田(きみた)村、布野(ふの)村、作木(さくぎ)村と合併して三次市となる(なお、この合併で双三郡は消滅)。旧吉舎町は江の川(ごうのかわ)の支流馬洗(ばせん)川に沿い、かつては尾道(おのみち)と松江(まつえ)を結ぶ出雲(いずも)街道の宿駅で一里塚(県史跡)が残る。近在の商業中心地であり、JR福塩(ふくえん)線、国道184号が通じる。養鶏などの畜産も盛ん。マツタケ、ヤマノイモを特産する。江戸中期の農家奥家住宅は国指定重要文化財。5世紀ごろに築かれた三玉(みたま)大塚古墳(県史跡)、中世の吉寺(よしでら)廃寺跡(県史跡)、善逝(ぜんせい)寺の本尊の釈迦如来(しゃかにょらい)像などの文化財がある。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉舎の関連キーワード三次広島県三次市秋町広島県三次市海渡町広島県三次市塩町広島県三次市高杉町広島県三次市十日市町広島県三次市畠敷町広島県三次市日下町広島県三次市三次町広島県三次市和知町

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉舎の関連情報