コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉舎 きさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉舎
きさ

広島県北部,三次市の南東部を占め,三次盆地に広がる地区。旧町名。 1920年町制。 1953年八幡村と合体。 1955年上川村の一部を編入。 2004年4月三次市,甲奴三良坂三和の3町,および君田布野作木の3村と合併し市制。中心集落の吉舎は,かつては尾道と出雲地方を結ぶ街道の宿駅として発展。木材加工,印刷業などがある。馬洗 (ばせん) 川と上下川の流域に低地があるが,域内の大部分は吉備高原米作が中心で,大規模な養鶏や果樹,タバコ栽培も行なわれる。 JR福塩線,国道 184号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉舎
きさ

広島県北部、双三(ふたみ)郡にあった旧町名(吉舎町(ちょう))。現在は三次(みよし)市吉舎町地区。1920年(大正9)町制施行。1953年(昭和28)八幡(やはた)村と合併。2004年(平成16)、三次市および甲奴(こうぬ)郡の甲奴(こうぬ)町、双三(ふたみ)郡の三良坂(みらさか)町、三和(みわ)町、君田(きみた)村、布野(ふの)村、作木(さくぎ)村と合併して三次市となる(なお、この合併で双三郡は消滅)。旧吉舎町は江の川(ごうのかわ)の支流馬洗(ばせん)川に沿い、かつては尾道(おのみち)と松江(まつえ)を結ぶ出雲(いずも)街道の宿駅で一里塚(県史跡)が残る。近在の商業中心地であり、JR福塩(ふくえん)線、国道184号が通じる。養鶏などの畜産も盛ん。マツタケ、ヤマノイモを特産する。江戸中期の農家奥家住宅は国指定重要文化財。5世紀ごろに築かれた三玉(みたま)大塚古墳(県史跡)、中世の吉寺(よしでら)廃寺跡(県史跡)、善逝(ぜんせい)寺の本尊の釈迦如来(しゃかにょらい)像などの文化財がある。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉舎の関連キーワード三和(広島県双三郡)ダルマガエル広島県三次市奥 愛次郎吉舎[町]三次(市)奥田 元宋奥愛次郎奥田元宋吉舎聖史福六

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android