コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲奴 こうぬ

2件 の用語解説(甲奴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲奴
こうぬ

広島県北部,三次市の東端を占め吉備高原に位置する地区。旧町名。 1955年甲奴村と上川村の一部が合体して町制。 1958年広定村と合体。 2004年4月三次市,吉舎,三良坂,三和の3町,および君田,布野,作木の3村と合併し市制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲奴
こうぬ

広島県東部、甲奴郡にあった旧町名(甲奴町(ちょう))。現在は三次(みよし)市甲奴町地区。1955年(昭和30)甲奴村と上川(かみかわ)村の一部が合併して町制施行。1958年広定(ひろさだ)村と合併。2004年(平成16)、三次市および双三(ふたみ)郡の吉舎(きさ)町、三良坂(みらさか)町、三和(みわ)町、君田(きみた)村、布野(ふの)村、作木(さくぎ)村と合併して三次市となる(なお、この合併で双三郡は消滅)。旧甲奴町は吉備(きび)高原上に位置し、区域の大部分は山地である。JR福塩(ふくえん)線が通じる。米作中心の農業のほか和牛飼育、酪農などが行われる。また、特産物にマツタケがある。吉備津神社のサクラの大木は県の天然記念物。須佐神社の大神輿(みこし)は県の重要文化財で、境内のフジは県の天然記念物である。人口流出が続いたが、現在は止まっている。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲奴の関連キーワード広島県三次市秋町広島県三次市海渡町広島県三次市小田幸町広島県三次市塩町広島県三次市高杉町広島県三次市十日市町広島県三次市畠敷町広島県三次市日下町広島県三次市三次町広島県三次市和知町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲奴の関連情報