名乗・名告(読み)なのり

精選版 日本国語大辞典「名乗・名告」の解説

な‐のり【名乗・名告】

〘名〙
① 自分の名前や身分などを人に告げること。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「かかるすまひし給ふは誰ぞ、なのりし給へなどの給へど、いらへもせず」
② 自分の名前や身分、地位などを特定の形式で声高に述べること。大内裏での宿直、戦闘、警戒厳重な場所への進入などの際に行なわれる。また、その声。
※神楽歌(9C後)明星・朝倉「〈本〉朝倉や 木の丸殿に 我が居れば 〈末〉我が居れば 奈乃利(ナノリ)をしつつ 行くは誰」
※十訓抄(1252)一「さてかの木丸殿には用心をしたまひければ、入来る人かならず名のりをしけり」
③ 公家・武家の男子が元服に際して、幼名や通称のほかに新しくつける名。牛若丸・九郎に対する義経の類。実名(じつみょう)
※平家(13C前)四「やがて主が名のりをかなやきにせよとて、仲綱といふかなやきをして、むまやにたてられけり」
④ 単に、名前。
※蔭凉軒日録‐長享二年(1488)九月二三日「御誕生御祈祷自今日初御名乗。義熙。於疏中之」
⑤ 能や狂言などで、登場した役がまず自分の名や身分、事の成り行き、今後の展開を自己紹介的に述べること。
※わらんべ草(1660)一「ぶたいへ出る時、なのり、ことばを心にもち、言出しをわするべからず」
⑥ 実名以外の名で、特別の場で用いる名。また、その名を呼ぶこと。相撲の四股名など。
※咄本・軽口御前男(1703)一「行司出て、名乗(ナノリ)は何と申ぞ、ととひければ」
⑦ 行商人などが、売り物の名を呼びながら歩くこと。
※源氏(1001‐14頃)東屋「大路ちかき所に、おほどれたる声して、いかにとか、聞きも知らぬなのりをして」

な‐の・る【名乗・名告】

〘自ラ五(四)〙 (後世、「名をなのる」などのように、他動詞的にも用いる)
① 自分の姓名・素姓・身分などを相手に告げ知らせる。そういう名であることをみずからいう。自分から名などを明らかにする。
※書紀(720)雄略一一年七月(前田本訓)「百済国より、逃化来(にけまうけ)る者有り。自ら称名(ナノリ)て貴信と曰ふ」
② 自分がその当人であることを申し出る。自分にかかわっている事や物であることを告げる。告白する。白状する。名のりでる。
※落窪(10C後)三「我が家ともなのらで有りつるは。かうし給ふ時こそ、かかる事どもありけりともいはめ」
③ 名前としてつける。称する。また、そういう名である。
※平家(13C前)六「子息一人養子にして、清国となのらせ」
④ 能や狂言などで、登場した役がまず自分の名や身分、事の成り行き、今後の展開を自己紹介的に述べる。
⑤ 虫・鳥などが存在を知らせて鳴く。虫・鳥などが鳴声をたてる。
※枕(10C終)二八「ねぶたしとおもひてふしたるに、蚊のほそごゑにわびしげに名のりて、顔のほどとびありく」
⑥ 行商人などが、品物を売る際に、その品物の名を叫ぶ。売り声をあげる。
※俳諧・鶉衣(1727‐79)続「はかばか敷商人は来らね共、海老・鰯・小貝やうの物、名のりて過る事も明くれなり」
⑦ 相撲で、行司が勝った力士の方へ軍配を上げて名を呼びあげる。
※咄本・軽口御前男(1703)一「行司団(うちわ)をあげ、〈略〉と名乗(ナノリ)ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android