コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹屋 ふきや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吹屋
ふきや

岡山県西部,高梁市北部の地区。旧町名。 1955年成羽町に,2004年高梁市に編入。吉備高原上に発達したかつての銅鉱山町。特に吉岡鉱山は約 1100年前に開発され,戦国時代には最も繁栄した。 1873年三菱鉱業の所有となり 1951年には年産約 1300tに達したが,現在は閉山。吹屋べんがらの生産で知られた。 1977年ふるさと村に指定。町並みには石州瓦 (せきしゅうがわら) ,紅穀格子 (べんがらごうし) など昔の面影が残り,重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹屋
ふきや

岡山県西部、高梁(たかはし)市成羽(なりわ)町の一地区。旧吹屋町。吉備(きび)高原上にあり、鉱山町として知られる。地名も金属を精錬・鋳造する意の吹屋に由来するものであろう。807年(大同2)銀山が発見され、戦国時代以降は銅山町として繁栄した。江戸時代には良質のべんがら(顔料)を生産し吹屋べんがらとして知られた。1931年(昭和6)休山、その後再開したが、1972年(昭和47)閉山。かつては周辺の経済の中心として問屋が多く、江戸末から明治にかけての石州瓦(せきしゅうがわら)、塗込(ぬりごめ)造、べんがら格子からなる重厚な商家群が残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定、また県のふるさと村になっている。商人の家を利用した郷土館がある。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吹屋の言及

【成羽[町]】より

…また畳糸製造工場,粉末冶金工場なども立地する。北部の吹屋(ふきや)は吉岡銅山とべんがら製造で発展した鉱山町で,古い家並みが残り,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。周辺の石灰岩は三畳紀の化石を多く含むことで知られ,化石を展示する博物館がある。…

※「吹屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吹屋の関連キーワード岡山県高梁市成羽町吹屋長谷川 久一フキヤミツバ岡山県高梁市熊野屋彦三郎哲多[町]高梁(市)成羽[町]平田篤胤住友友以住友友芳新庄道雄鼓銅図録長崎貿易生野鉱山備中国哲西哲多子持

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吹屋の関連情報