コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼂錯 チョウソ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうそ【鼂錯 Cháo Cuò】

?‐前154
中国,漢の政治家。晁錯とも書く。潁川(えいせん)(河南省禹県)の人。初め刑名の学を張(ちようかい)先生に学び,文帝のとき,古典に通暁するをもって太常の配下の掌故(有職故実係)となった。このころ済南の儒者伏生について《尚書》を学び,ついで太子(のちの景帝)の世話係に任じられたが,その巧みな弁舌から〈智囊(ちのう)〉(知恵袋)とあだ名されたという。彼は文帝に対して,匈奴対策として屯田の制をしくべきこと,また諸侯国の領地を削り中央集権をはかるべきことなどを盛んに上書したが,採用されなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうそ【鼂錯】

?~前154) 中国、前漢の政治家。文帝・景帝に仕え、景帝のとき諸侯の領地削減を行い、呉楚七国の乱を引き起こし誅された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼂錯
ちょうそ
Chao Cuo; Ch`ao-Ts`o

[生]?
[没]前元3 (前154).1.
中国,前漢(→)初期の政治家。潁川(えいせん。河南省禹県)の人。初め法家の学を学び,次いで斉の儒者伏生について尚書(→書経)を学び,太子舎人となり,やがて中大夫となった。文帝のとき,しばしば上書して匈奴対策,諸侯抑制策,法令の改定などを建議した。景帝が即位し,御史大夫に任じられると大いに権力をふるい,諸侯王領地の削減をはかった。そのため,呉楚七国は前元3(前154)年,鼂錯誅伐のために挙兵した(→呉楚七国の乱)。鼂錯はその責任を問われて 1月長安の東市で斬られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ちょうそ
(?―前154)

中国、前漢の政治家。晁錯とも書く。潁川(えいせん)郡(河南省)の人。刑名(けいめい)の学(法家思想)を修め、国家の祭祀(さいし)をつかさどる太常(たいじょう)の属吏となり、文帝に抜擢(ばってき)されて太子家令となった。当時から「知恵袋」と称され、辺境の防備、移民政策などの重要な政策を文帝に建白した。直接仕えていた太子が景帝として即位してその側近となり、やがて御史大夫(三公の1人)に登って皇帝権の確立のために活躍した。しかし袁(えんおう)らの諸大臣と対立し、諸侯王の勢力をそごうとする彼の政策は、諸王の反乱(呉楚(ごそ)七国の乱)を招き、一時の懐柔策として、一家もろとも長安の東市で処刑された。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鼂錯の関連キーワード賢良・方正・文学景帝[前漢]文帝[前漢]堅忍不抜尾形太常売官

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android