コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味盲 みもう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

味盲
みもう

フェニルチオカルバミド PTCに対する苦みの味覚能力の欠如をいう。 PTCに限らず,特定の化学構造を有する PTC類似化合物についても覚能力の個体差がみられる。常染色体上の遺伝子に支配され,単純劣性遺伝する。味者の出現頻度には人種差や地域差があり,白人には多く 25~30%を示すが,黄色人種や黒人では少い。日本人では8~12%である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

み‐もう〔‐マウ〕【味盲】

特定の味についての味覚が先天的に欠如していること。大多数の人が感じるフェニルチオカルバミドおよび類似化合物の苦味を感じることができないこと。無味覚症。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

味盲【みもう】

フェニルチオカーバマイト(PTC)という物質に対する味覚を先天的に欠く人をいう。この物質は普通は強い苦味を感じさせるが,味盲の人はそれを感じない。唾液(だえき)中のPTC溶解酵素の欠如が原因とする説がある。
→関連項目味覚

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

味盲

 ある呈味成分について,大部分の人が味を感じるのに,味を感じない人があり,その人をその物質についての味盲とする.苦味物質であるフェニルチオカルバジドについての味盲がよく知られている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みもう【味盲】

フェニルチオカーバマイドphenylthio carbamide(PTC)という物質の苦味を感ずるか否かにより,有味者と無味者(味盲)とが区別される。この現象はPTCだけでなく,という構造を側鎖にもつ化合物にもみられるが,他の味覚能とは無関係であるので,学問的には,PTC味覚能の個人差という。この個人差は一種の遺伝的多型で,常染色体上の1対の対立遺伝子(T,t)に基づき,遺伝子型TTおよびTtは有味者,ttは味盲となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みもう【味盲】

料理などの味に鈍感な人の戯称。
フェニルチオカルバミド( PTC )という化合物の苦味を感じない人。他の味覚とは無関係だが劣性遺伝する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

味盲
みもう
taste blindness

特定の味物質に対する味覚が先天的に欠如している無味覚症で、ヒトの場合には味盲物質としてフェニルチオカルバミド(PTC)およびその類似化合物が知られる。大多数の人はPTCの希薄溶液で強い苦味を感ずるが、まったく苦味を感じない人があり、PTC味盲とよばれる。味盲物質以外の味覚は正常で、人種的な変異がみられ、単純劣性遺伝をする。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の味盲の言及

【味覚】より

…ラットでは舌前方を支配する鼓索神経は食塩やショ糖に対する閾値が低いが,舌後方を支配する舌咽神経はキニーネや塩酸に対する閾値が低く,ヒトの心理テストとよく似ている。
[味盲taste blindness]
 四基本味のうちの一つがわからないような味盲は知られていない。しかし,フェニルチオカルバミドphenylthiocarbamide(PTCと略記)の苦味がわかる人とわからない人があり,後者を味盲と呼んでいる。…

※「味盲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

味盲の関連キーワード味覚障害人種形質

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android