和泊町(読み)わどまり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和泊〔町〕
わどまり

鹿児島県南部,奄美群島南部の沖永良部島東半を占める町。 1941年町制。大部分は隆起サンゴ礁を基盤とする平坦地。主産業は畑作を中心とする農業で,エラブユリ,フリージアなどの花卉類,サトイモエンドウなどの野菜類,サトウキビ栽培のほか肉牛の飼育が盛ん。特にユリの栽培は名高く,球根はアメリカ合衆国などに輸出。和泊港は海の玄関で,鹿児島港,名瀬港,那覇港と結ぶ。北端の国頭 (くにがみ) に沖永良部空港がある。面積 40.39km2。人口 6783(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和泊町の関連情報