コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咽頭炎 いんとうえん pharyngitis

翻訳|pharyngitis

6件 の用語解説(咽頭炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

咽頭炎
いんとうえん
pharyngitis

咽頭の粘膜とリンパ組織の炎症で,急性と慢性があり,急性の多くは感冒の一症状である。咽頭粘膜の発赤,腫脹があり,扁桃炎を合併すると発熱,嚥下痛が著しくなる。慢性咽頭炎の原因は種々あるが,最近は大気汚染の影響で増加の傾向がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いんとう‐えん【咽頭炎】

咽頭の粘膜の炎症。多くは細菌の感染による。のどが赤くはれ、痛み・発熱をみることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

咽頭炎【いんとうえん】

咽頭カタルとも。急性咽頭炎は空気の乾燥,塵埃(じんあい),化学物質の吸入などの刺激,風邪,インフルエンザ,麻疹,溶連菌ジフテリア菌などのウイルスや細菌感染によって起こり,咽頭が赤くはれ,発熱,痰(たん)の増加をきたす。
→関連項目上気道炎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

咽頭炎

 咽頭粘膜と咽頭リンパ組織の炎症.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いんとうえん【咽頭炎】

咽頭の炎症。風邪の症状の一。細菌の感染によることもある。咽頭カタル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

咽頭炎
いんとうえん

咽頭の炎症で、急性と慢性に分けられる。急性咽頭炎は、かぜなどのウイルスや細菌の感染によっておこるものがもっとも多く、ほかに咽頭の外傷、やけど、刺激の強いガスの吸入などによるものもある。症状は一般に突然始まり、発熱は軽度のものから高度のものまで、原因と年齢によって多様である。のどの不快感や痛み、分泌物の増加、全身の違和感や倦怠(けんたい)感などもみられる。症状は乳幼児や高齢者が成人に比べて強く現れることが多い。ときには、あごの下や頸部(けいぶ)のリンパ節が腫(は)れて痛む。咽頭の粘膜は赤くはれ、ときには口蓋垂(こうがいすい)や咽頭側索までも腫れ上がることがある。しかし、このような状態が、しょうこう熱、はしか(麻疹)、インフルエンザなどの急性感染症の初期症状としておこることもあるので、注意する必要がある。治療は、安静を守り、発汗療法が基本となる。細菌の感染には抗生物質を使い、局所治療としてはルゴール液などの塗布、口内錠、吸入療法、うがいなどを行う。
 慢性咽頭炎は、急性咽頭炎を繰り返して慢性化したものや、酒やたばこの連用、持続的なほこりや刺激性ガスの吸入、慢性鼻炎や扁桃(へんとう)炎などが原因となっておこる。症状は、のどの不快感、刺激性の咳(せき)、喀痰(かくたん)の増加で、咽頭粘膜が赤く腫れる。ときには粘膜が萎縮(いしゅく)して乾燥し、ねばっこい粘液やかさぶたが付着する。治療は、原因となっている疾患や刺激性物質を除くことが先決で、うがい、吸入療法、口内錠なども行う。[河村正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の咽頭炎の言及

【咽頭】より

…子どもの場合,ここにアデノイドがあり,アデノイドが増殖すると耳管を圧迫して狭窄をおこし,難聴の原因となる。また風邪などで鼻炎扁桃炎に引き続き上咽頭炎をおこすと,炎症が耳管,中耳に波及して中耳炎をおこす。ここにできる腫瘍に上咽頭癌,肉腫などがあるが,中国南東岸一帯,台湾,香港,シンガポールの中国人に多い。…

【風邪】より

…ライノウイルスやコロナウイルスによるものが大部分で,鼻汁に触れた手指から伝染することが多い。(2)咽頭炎pharyngitis 鼻症状はそれほどではないが,のどの痛みが強く,発熱も普通感冒よりは強い。悪寒,頭痛などの全身症状がみられることも少なくない。…

※「咽頭炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

咽頭炎の関連キーワード気管支炎甲状腺炎リンパ管炎MALTリンパ腫血球貪食性リンパ組織球症急性期タンパク質リンパ腫リンパ組織胃炎 (gastric inflammation, gastritis, inflammation of the stomach)肘腫 (shoe boil, capped elbow)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

咽頭炎の関連情報