コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜取検査 ぬきとりけんさ random test

3件 の用語解説(抜取検査の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抜取検査
ぬきとりけんさ
random test

製品の品質などを確認するため,任意にサンプル抜き出して検査する製品管理の方法。大量生産方式によって生産される製品や農産物についてはこの方式によって行われることが一般的である。推測統計学の応用である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

抜取検査【ぬきとりけんさ】

品質管理の代表的な方式。ほぼ同じ条件で製造された品物の一仕切りロット)を対象とし,その一部を無作為に抜き取って検査し,その結果から推測統計学を応用して仕切り全体の合格,不合格を決定する。
→関連項目ロット(統計)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぬきとりけんさ【抜取検査 sampling inspection】

品質管理に関する用語。JISでは,検査とは〈品物をなんらかの方法で試験した結果を,品質判定基準と比較して個々の品物の良品・不良品の判定を下し,又はロット判定基準と比較して,ロットの合格・不合格の判定を下すこと〉と定義されている。検査には,すべての製品を検査する全数検査と,〈検査ロットから,あらかじめ定められた抜取検査方式に従って,サンプルを抜き取って試験し,その結果をロット判定基準と比較して,そのロットの合格・不合格を判定する〉(前掲JIS)抜取検査がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

抜取検査の関連キーワードISO 9000P管理図官能検査デミング賞統計的品質管理GMP適正製造基準医薬品の製造と品質管理に関する基準全社的品質管理総合的品質管理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone