コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐桑[町] からくわ

2件 の用語解説(唐桑[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

唐桑[町]【からくわ】

宮城県北東端,唐桑半島を占める本吉郡の旧町。沿岸魚類が豊かで,漁業従事者が多い。ノリ,ワカメアワビホタテの養殖も行われる。海岸の一部は三陸復興国立公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

からくわ【唐桑[町]】

宮城県北東端,本吉郡の町。人口9277(1995)。岩手県と接する。三陸海岸の南部にあり,気仙沼湾広田湾をわける唐桑半島が南に突出している。ほとんどが漁業集落で,リアス海岸の各所に18の漁港がある。気仙沼港を基地にする遠洋漁船が多く,沖合・沿岸漁業も盛んで,西海岸ではワカメ,カキの養殖が行われる。舞根にはカキ研究所があり,浅海養殖の振興のためアワビの〈海底牧場〉もつくられている。唐桑半島はタブ,椿が群生し,巨釜(おがま)・半造,大理石海岸,御崎など多くの景勝地があって,全域が陸中海岸国立公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唐桑[町]の関連キーワード唐桑半島登米宮城県栗原気仙沼高萩日立宮城県北部地震大谷海岸山内耕烟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone