コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐蕃会盟碑 とうばんかいめいひTang-fan-hui-meng-bei; T`ang-fan-hui-mêng-pei

3件 の用語解説(唐蕃会盟碑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐蕃会盟碑
とうばんかいめいひ
Tang-fan-hui-meng-bei; T`ang-fan-hui-mêng-pei

821~822年に唐と吐蕃間で行われた会盟 (和平協定) を記念し,823年に国境と両都に建てられたとされる石碑。チョカンの庭にしか現存しない。唐,吐蕃関係の推移や会盟の経緯,国境画定,平和の誓約,参会者の官職,姓名などが漢文,チベット文両語で刻まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうばんかいめいひ【唐蕃会盟碑 Táng fān huì méng bēi】

中国の唐朝とチベットとの間に結ばれた和約を刻した碑。宰相僧ペルギ・ユンテンの指導下で821‐822年にわたり長安とラサで行われた吐蕃の和盟を記念し,823年に両都と国境に建てられたといわれるが,現存するのはラサの大招寺庭前のもののみ。南面には唐側の会盟に参加した人物の官と名が漢文とチベット訳文と音写とで示され,北面にはチベット側の参加者が同じ形式で示されている。チベットの上層部の構造と当時の在職者の名が確認されるので重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐蕃会盟碑
とうばんかいめいひ

821~822年に唐とチベット(吐蕃(とばん))の間に行われた会盟の内容を刻んだ碑。両国の首都と国境に建てられたと伝えられるが、ラサにある大昭寺の庭前にしか現存しない。チベット文と部分的に対応する漢文が刻まれるほか、両国の責任者の名が連ねられているので、語学上の資料としてばかりでなく、両国関係史、とくに古代チベット史の基礎史料として重視される。当時のチベット政府の頂点を僧が占めていたことや、大臣の構成が明らかになるほか、吐蕃王に嫁いだ唐の文成公主の入国が貞観14年(640)であったこと、公主の1人が王子を生んでいたこと、両国が対等の関係で国境を清水県(甘粛(かんしゅく)省)に置いたことなどが示されている。[山口瑞鳳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の唐蕃会盟碑の言及

【チベット語】より


[歴史]
 チベット語は,7世紀,中国史料によるところの〈吐蕃〉王国の創始者ソンツェン・ガンポ王の時代に,インド系文字を範とし,当時の,おそらくは中央チベットのいずれかの方言の発音に基づいて考案された表音文字,チベット文字によって書写されるようになった。現存チベット語文献の最古層は8~9世紀にさかのぼり,ラサにある〈シューZholの石柱碑〉(780前後),〈唐蕃会盟碑〉(823)などの碑文のほか,敦煌,トゥルファン出土の,数千点に達する文書があるが,その内容はサンスクリット仏典の翻訳,年代記,法律・商業・卜(ぼく)暦・医薬関係など多岐にわたる。その書写チベット語は,書写された時期,地域により多少の差異があり,つづり字にも不統一が見られるが,それによって当時の口語の状態を推定することができる。…

※「唐蕃会盟碑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

唐蕃会盟碑の関連キーワードターヒル朝親権唐蕃会盟碑額田今足2006年全国映画概況Google Pixelユニバーサル・スタジオ・ジャパン空自のイラク空輸支援活動佐久総合病院の再構築東京電力柏崎刈羽原子力発電所

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone