唯心(読み)ゆいしん

  • 唯心 ゆいしん

デジタル大辞泉の解説

仏語。すべての存在は心の現れであって、ただ心だけが存在するということ。華厳経の中心思想。
すべての根源が精神にあるとし、精神を中心に考えること。⇔唯物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 仏語。一切の諸法はそれを認識する心の現われであり、存在するのはただ心だけであるということ。華厳経(けごんきょう)の中心思想であるが、また唯識と同義にも用いる。
※秘蔵宝鑰(830頃)下「不自心為天獄豈悟唯心除禍災」 〔成唯識論‐二〕
② 仏語。自己の心の本性に仏や浄土が内在するとすること。仏や浄土はわが心の中にあるという考え。→唯心の彌陀
※教行信証(1224)三「末代道俗、近世宗師沈自性唯心浄土真証
③ 精神だけが真の存在であるとして、精神を本位として考えること。→唯心論
※精神啓微の評(1889)〈森鴎外〉「夫れ余は唯物、唯心━正しく言へば主物、主心━の二派の併行を望めり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唯心の関連情報