コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯心 ゆいしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唯心
ゆいしん

仏教用語。すべての現象は心によって産出されたもので,本質上実在するものではなく,心のみが一切の根源であり最高の実在であることを示す語。『華厳経』の三界唯心という語に基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆい‐しん【唯心】

仏語。すべての存在は心の現れであって、ただ心だけが存在するということ。華厳経の中心思想。
すべての根源が精神にあるとし、精神を中心に考えること。⇔唯物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唯心 ゆいしん

?-? 鎌倉時代の僧。
山城(京都府)石清水八幡宮で,真言宗小野・広沢両流の秘密灌頂(かんじょう)をうける。瑜伽(ゆが)で悟りをえた人といわれた。文永(1264-75)の末ごろ胎蔵界法をおこなっているとき没したといわれる。山城出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆいしん【唯心】

〘仏〙
この世のすべての事物・現象は心が変化して生じたものであり、心の外なる存在はありえないとする華厳経の中心思想。
仏や真理が自分の心の内部にあるとする考え。
〘哲〙 心や精神的なものを、実在するものあるいは中心的なものと考える立場。 ↔ 唯物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唯心の関連キーワードエティエンヌ・エミール ブトルーケンブリッジプラトン学派エミール ブートルールネー ル・センヌスピリチュアリズム古藤田勘解由左衛門アイディアリズムルイ ラヴェル梅沢与一兵衛ブーストレムA. フィエ三界唯一心ブートルーベルグソン唯心の浄土スパベンタ己心の弥陀唯心一刀流一条房通三界一心

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唯心の関連情報