コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ウガイ

3件 の用語解説(嗽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うがい〔うがひ〕【×嗽】

[名](スル)水や薬液などを口に含んで、口やのどをすすぐこと。含嗽(がんそう)。「食塩水でする」「薬」

そう【嗽】[漢字項目]

[音]ソウ(漢) [訓]すすぐ
せきをする。せき。「咳嗽(がいそう)
口をすすぐ。うがいをする。「含嗽

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うがい【嗽 gargle】

医学的には含嗽(がんそう)という。口内や咽頭の一部をすすぐ方法。殺菌,消炎,脱臭,痛みの緩和,粘膜の充血やはれの軽減,粘膜表面の粘液や分泌物の排除などを目的として行われる。うがいをすると口腔内細菌の数は減少するが,1時間以内に元に戻るという。うがいと同様な目的で用いられているものにトローチ剤があるが,殺菌作用をもつトローチ剤はその作用が強力で,菌交代現象によって舌に変化が起こることもある。うがいは,こうした強い作用はもたないかわりに,だれにでもできるという利点をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嗽の関連キーワード含嗽炭層外用薬含嗽剤乾燥摩擦壊疽性口内炎岩相図緑色岩相顔相

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嗽の関連情報