嘉峪関(読み)カヨクカン

  • かよくかん / チヤユーコワン
  • かよくかん ‥クヮン
  • かよくかん〔クワン〕
  • 嘉峪関 Jiā yù guān

世界大百科事典 第2版の解説

中国,甘粛省北西部,酒泉市の西,蘭新鉄道(蘭州~ウルムチ)沿線の町。人口11万(1995)。明代の長城の西端で,14世紀後半西北辺境の軍事基地として二重の城壁に囲まれた〈関〉が設置された。1956年,南の鏡鉄山の鉄鉱石が開発され,2年後,それを基礎にした鉄鋼コンビナートがこの地に建設されるにいたり,今日では鉄鋼を中心に機械,化学などの工業が発展している。【小野 菊雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、甘粛(かんしゅく)省西部の地級市。同名の市轄区のみを管轄する(2016年時点)。常住人口23万1853(2010)。嘉峪山麓(さんろく)の要地で、古くから東西交通路の要害であった。明(みん)代の1372年、馮勝(ふうしょう)(?―1395)による河西(かせい)平定に伴い、万里の長城の西端であるこの地に、北辺の前線基地として嘉峪関が設けられ、軍隊が常駐した。現在でも3層の城楼や二重の城壁などが残っており、1987年にはユネスコ(国連教育科学文化機関)により、「万里の長城」の構成資産として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。

 蘭新線、嘉鏡線(嘉峪関―鏡鉄山(きょうてつざん))、嘉策線(嘉峪関―策克口岸)が通じ、市街近郊には嘉峪関空港がある。冶金、化学、機械、紡績、食品加工などの工場が立地する。

[關尾史郎・編集部 2017年6月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 中国北辺の城壁、万里の長城の西端にある関門。明代初めに設置。西域と結ぶ通商、軍事上の要衝。
[二] 中国、甘粛省西北部、蘭新鉄道に沿う工業都市。鉄鋼コンビナートがある。地名はこの地にある(一)に基づく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の嘉峪関の言及

【甘粛[省]】より

…ここには,石油精製,鉄鋼,金属冶金,石油関係などの機械製造,石油化学,製紙,毛紡織,食品その他の各種工業が発達している。また,玉門の石油,嘉峪関(かよくかん)の鉄鋼,金昌のニッケル,天水の機械,紡織,食品,平涼や床陽の紡織などの工業がみられる。なお,伝統工芸品として,祁連山脈の玉石を原料とした酒泉の〈夜光杯〉などの玉製品や天水の漆製品が知られている。…

※「嘉峪関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android