コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広見 ひろみ

4件 の用語解説(広見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広見
ひろみ

愛媛県南西部,鬼北町西部の旧町域。四万十川の支流広見川流域にある。 1955年近永町と愛治村,好藤村,泉村,三島村の4村が合体して広見町が発足。 2005年日吉村と合体して鬼北町となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広見
ひろみ

愛媛県南部、北宇和郡にあった旧町名(広見町(ちょう))。現在は鬼北(きほく)町の南西部を占める一地域。1955年(昭和30)近永(ちかなが)町と愛治(あいじ)、泉、三島、好藤(よしふじ)の4村が合併して成立。2005年(平成17)日吉(ひよし)村と合併、鬼北町となる。旧町域は、四万十(しまんと)川の支流広見川、三間(みま)川流域を占め、鬼北盆地と山地からなる。広見の名は広見川による。JR予土(よど)線、国道320号、381号、441号が通じる。近世は奥地が吉田藩領、盆地部は宇和島藩領で、吉田藩では製糸、宇和島藩では製紙が行われ、藩の特産となったが、紙の統制強化などで吉田藩では百姓一揆(いっき)が発生したこともある。米作のほか、野菜・果樹栽培、酪農・畜産が行われる。かつては養蚕も盛んで、その品質は全国的に知られた。鬼北盆地の中心である近永は宇和島藩の農村支配代官所が置かれた地で、第二次世界大戦中にはサツマイモを原料に液体燃料を製造する商工省のアルコール工場が設置された。現在も民営によりバイオマス燃料の実用化が進められている。伊予神楽(かぐら)(国指定重要無形民俗文化財)や五つ鹿(いつしか)踊りなどが伝承し、善光寺薬師堂は室町時代の建造で国の重要文化財。南部の高月(たかつき)山や成川渓谷は足摺(あしずり)宇和海国立公園の一部。[横山昭市]
『『広見町誌』(1985・広見町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の広見の言及

【可児[市]】より

…人口8万6367(1995)。市域の南西部と東部は主に丘陵地,北部は木曾川に沿う段丘からなる台地で,市の中心地はJR太多線,名鉄広見線が通る広見地区にある。第2次世界大戦中と戦争直後には亜炭産地として知られたが,これといった地場産業もない田園地帯であった。…

※「広見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

広見の関連キーワード四万十愛媛県北宇和郡鬼北町岩谷愛媛県北宇和郡鬼北町久保愛媛県北宇和郡鬼北町小松愛媛県北宇和郡鬼北町芝愛媛県北宇和郡鬼北町中野川愛媛県北宇和郡鬼北町奈良愛媛県北宇和郡鬼北町西仲愛媛県北宇和郡鬼北町西野々愛媛県北宇和郡鬼北町広見

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広見の関連情報