コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲い米 カコイゴメ

大辞林 第三版の解説

かこいごめ【囲い米】

囲い米まい」に同じ。

かこいまい【囲い米】

江戸時代、幕府・諸藩が、備蓄や米価調節のために米を貯蔵したこと。また、その米。籾もみで蓄える場合が多いことから、「囲い籾」ともいわれた。囲いごめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

囲い米の関連キーワード江戸時代山口弘致備蓄