コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国外犯 こくがいはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国外犯
こくがいはん

犯罪を構成する事実の全部が日本国外の地で,しかも日本国籍の船舶および航空機の外で生じた犯罪。国内犯に対するものである。現行刑法は属地主義を採用しており,原則として国内犯のみを処罰している (1条) 。しかし例外として保護主義 (2条) ,属人主義 (3条) が採用されているため,一部の国外犯も処罰される。たとえば内乱罪外患罪,各種偽造罪,放火罪殺人罪窃盗罪強盗罪などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくがいはん【国外犯】

日本の現行刑法は,原則として属地主義・旗国主義に基づき,犯罪が国内で行われたかまたは国外にある日本船舶・航空機内で行われた場合には,罪の種類を限定せず,また日本国民であるか否かを問わず処罰の対象にしている(1条)。行為・結果の一部分のみがそれらの場所で発生した場合もここに含まれる。〈国内〉とは,領土領海(基線の外側12カイリまで)・領空内をいう。犯罪がそれらの場所以外で行われた場合は,国外犯として例外的に,次のように罪の種類・主体を限定して処罰している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくがいはん【国外犯】

国外において行われた犯罪。国家の刑罰権は原則として国外犯に及ばないが、例外的に処罰の対象とされる。 ↔ 国内犯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の国外犯の言及

【国際刑法】より

… 日本の刑法は,属地主義・旗国主義を原則とするため(刑法1条),国内犯は,犯罪者の国籍・罪の種類を問わず処罰している。これに対し国外犯は,他の原理により,主体・罪種を制限して例外的に処罰している。したがって,国外犯の処罰には刑法8条により〈特別ノ規定〉が必要である。…

※「国外犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国外犯の関連キーワード暴力行為等処罰ニ関スル法律国際人道法の違反行為処罰法ハイジャック処罰法刑法の国外犯規定爆発物取締罰則国際刑事法麻薬新条約代理処罰自衛隊法麻薬条約司法共助外国判決

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国外犯の関連情報