国立(市)(読み)くにたち

  • 国立

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都のほぼ中央部にある市。1967年(昭和42)市制施行。南部の甲州街道沿いが早く開け、谷保村(やほむら)とよばれた。現在のJR中央本線が敷設されるにあたり、甲州街道沿いが選定されたが、街道沿いの集落が忌避したため、北部の原野を直線状に通る路線が敷設されることになった。1926年(大正15)駅開設の際、立川と国分寺の中間にあるという意味で1字ずつとって国立と命名され、それが1951年谷保村の町制施行にあたり新町名として採用された。大部分が武蔵野(むさしの)台地であるが、甲州街道(国道20号)沿いの古い農業集落はその台地末端にあり、以南は多摩川の沖積地で水田地帯として利用されてきた。甲州街道に沿ってJR南武線が通り、また、さらに南を中央自動車道が走り、国立府中インターチェンジがある。谷保は谷保天満宮で知られる。市域の北半部は1925年箱根土地会社が山林を開いて学園都市を計画、1927~1930年(昭和2~5)東京商科大学(現、一橋大学)が神田一ツ橋から移転、1952年大学を中心とする地域が文教地区に指定された。国立(くにたち)音楽大学附属小・中・音楽高等学校、東京女子体育大学・同短期大学、郵政大学校などもあり、学園都市として発展している。1965年日本住宅公団(現、都市再生機構)の富士見台団地が完成、人口が増え、以後住宅都市ともなっている。面積8.15平方キロメートル、人口7万3655(2015)。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立(市)の関連情報