国立市(読み)くにたち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立〔市〕
くにたち

東京都西部にある市。 1967年市制。江戸時代には南部の甲州街道沿いに谷保などの街村が発達。北部は武蔵野の台地でアカマツや雑木林の続く山林であったが,関大震災後,土地会社が学園都市を計画,1926年国鉄中央線国立駅の開設とともに放射状の道路と長方形の街区を整備した。市名は,国分寺駅と立川駅の中間に開設され,両駅の頭文字をとった国立駅名による。東京商科大学 (現一橋大学) ,東京高等音楽学院 (現国立音楽大学 ) が移転し,文教・住宅都市として発展した。各種研究所も立地。 JR中央線のほか,南武線,国道 20号線 (甲州街道) ,中央自動車道が通り,国立府中インターチェンジがある。面積 8.15km2。人口 7万3655(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立市の関連情報