コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難民条約 なんみんじょうやくConvention relating to the Status of Refugees

デジタル大辞泉の解説

なんみん‐じょうやく〔‐デウヤク〕【難民条約】

《正式名称は「難民の地位に関する条約」》本国の庇護(ひご)がおよばない難民の保護を目的とする国際条約。迫害のおそれのある国への追放・送還の禁止、任意帰国・再移住・定住に対する便宜を与えることなどを定めている。1951年、ジュネーブで締結され、1954年発効。日本は1981年(昭和56)に加盟、翌年発効。国連難民条約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

難民条約【なんみんじょうやく】

〈難民の地位に関する条約〉の略称。1951年成立,1954年に発効。第2次世界大戦後にヨーロッパで発生した大量の難民を救うため国際連合で採択されたが,その後他の地域でも難民問題が生じたため〈難民の地位に関する議定書〉が採択され1967年に発効,現在ではこの二つをあわせて難民条約と呼んでいる。
→関連項目亡命

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

なんみんじょうやく【難民条約】

正称、難民の地位に関する条約。難民の権利保護を目的とし、条約難民の地位、職業・福祉に関する待遇基準や行政上の援助措置、迫害のおそれのある国への追放・送還の禁止などを定める。1951年採択。54年発効。日本は81年加入。 → 条約難民

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難民条約
なんみんじょうやく

難民の地位に関する条約」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難民条約
なんみんじょうやく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

難民条約の関連キーワード国連難民高等弁務官事務所インドシナ難民国際会議ノンルフールマン日本の難民認定難民認定制度偽装難民難民庇護国民年金待避機会条約難民

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難民条約の関連情報